コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツワナ

百科事典マイペディアの解説

ツワナ

南部アフリカのボツワナ南アフリカ共和国,ナミビアの主に草原地帯にまたがって居住する民族。バントゥー系のソト語群の一分派であるツワナ語を話す。ボツワナは〈ツワナの国〉を意味し,同国の住民の大部分はツワナ族である。主に雑穀類を栽培し,牛や山羊などの家畜を飼育しているが,ボツワナからは南アフリカに鉱山や農場の労働者として出稼ぎに出る者も多い。
→関連項目ボツワナ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツワナ
つわな
Tswana

ボツワナおよび南アフリカ共和国の一部に住むバントゥー系農耕民。牛放も営む。民族集団ソトの西方グループを構成し、人口はボツワナに約105万(1994)、南アフリカ共和国に270万以上といわれる。ツワナは現在、非常に政治体制の異なる二つの国に分かれて住んでいるが、伝統的には中央集権的政府をもったことはなく、約80の大小さまざまな首長国に分かれている。各首長国の中心には首都があり、その周囲には牧草地と耕地に囲まれた村落がある。村落はいくつかの区から構成され、これがツワナの社会生活のもっとも重要な単位となっている。区の中心をなすのは父系的につながりのあるいくつかの大家族で、このうち上位の家族が区長を出す。区のなかには親族関係のない家族も多数含まれているが、これらの人々にも親族の用語と関係が適用されている。区の居住地は普通円形で、屋敷群が環状に並び、中心部には共同の牛舎と集会場がある。区長は評議会や助言者とともに区内部の業務を処理し、紛争を解決すると同時に首長諮問会議にも列席する。ツワナは父方・母方を問わず「いとこ婚」を好むので、父方親族と母方親族は重なり合い、はっきり区別されていない。しかし、財産と地位は父系的に継承されるので、近い男系親族間には競争と葛藤(かっとう)が生じやすい。こうした競争と葛藤を友好と支援に変えるのがいとこ婚なのである。また、かつては男女ともに4~7年ごとに形成される年齢集団に加入していたが、現在ではさまざまな任意団体にとってかわられている。[加藤 泰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ツワナの関連キーワードクェット・ケトゥミレ・ジョニ マシーレセレツェ・カーマ・イアン カーマクハホディ・クレーター南部アフリカ関税同盟ツワイン・クレーターQ.K.J. マジレS.T. プラーチェンザイパン国立公園フェスタス モハエセレツェ カーマベチュアナランドオレンジ自由国ボツワナの要覧ジョイ プマピマフェキングプラムトリーモチューディラマカバーナカラハリ砂漠ガベローンズ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android