コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年齢集団 ねんれいしゅうだんage group

翻訳|age group

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

年齢集団
ねんれいしゅうだん
age group

地域共同体の秩序を維持するために地域の生活に関連する機能の分担成員の訓練育成を目的として年齢別もしくは年齢階級別に組織された集団。はしご状に配置されているところから年齢階梯集団ともいわれる。日本における第2次世界大戦前の子供組若者組,中老組,年寄り組,娘組などがそれで,戦後は共同体内集団の特徴や階梯性は薄れたが,老人クラブなどの形で存在している。一般に都市化,工業化,近代化進展に伴って実質的生活機能の分担が行われなくなるとともに年齢集団の組織化自体が低調になっていく。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

年齢集団【ねんれいしゅうだん】

部族社会や村落で,特に男子をいくつかの年齢階級に分け,教育,軍事,政治,宗教などの部族の機能を世代的に分担する集団。ふつう少年が成年式の試練を経ると,女性から隔離され若者宿で教育を受け,結婚して部族の施政に参与,最後に祭儀をつかさどる長老集団を形成する。
→関連項目冗談関係長老制

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんれいしゅうだん【年齢集団 age‐group】

年齢によって人々を序列づけ,いくつかの段階的なグループに区分する集団組織・制度のことで,厳密には年齢階梯制という。一般に男女別々に組織されるが,とくに男子に顕著であって女子では微弱である。社会結合の契機には血縁地縁のほかに,基本的なものとして〈性と年齢〉があるが,部族社会ではしばしば,これが血縁や地縁をたち切って強固な年齢集団が形成される。民族学者シュルツHeinrich Schurtzが《年齢階梯制と男子結社》(1902)を著してこのことを大きくとりあげたが,彼は思春期における男子の女性および家族・親族からの隔離が,部族的成年式(割礼を伴うことが多い)で強調されることに注目した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんれいしゅうだん【年齢集団】

同じ年齢・年代の人々によって構成される集団。年齢階梯制をもつ社会に多く見られる。 → 若者組

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

年齢集団
ねんれいしゅうだん

年齢と、通常は性を規準にとって形成された集団。どのような社会もさまざまな規準によって、その成員をいくつかの集団に分類し、異なる機能と意味を付与することが行われている。年齢集団もその一つで、年齢によって区分された固定したいくつかの段階を、特定の資格を得たメンバーが次々に移行する年齢階梯(かいてい)制と、一度ある特定の集団に組み入れられると終生その組のメンバーとして過ごす年齢組制がある。年齢組制のなかでも、とくに世代の違いによって、たとえば父の世代の集団の次に息子の世代の集団というぐあいに組がつくられるものを「世代組」とよぶ。年齢階梯制と年齢組制の両方をもつ社会もあるが、一方だけしかもたない社会もある。
 年齢組はメラネシア、北アメリカなどにもあるが、もっとも広くみられるのはアフリカである。ことに東アフリカでは年齢組制がきわめて高度に発達している。一つの年齢組は同じ時期に生まれたこと、あるいは同じ時期に成年儀礼を受けたことによって形成され、固有名が与えられる。通常、年齢組をつくるのは男だけであるが、ときに女も簡単な年齢組をつくることがある。たとえば、ケニアの農牧民ナンディの場合、すべての男子は出生時に割礼を施され、ほぼ同時期に割礼を受けた者が一つの年齢組を形成する。こうした年齢組がほぼ15年間隔でつくられるが、その固有名は全部で七つである。七つの年齢組のうち若い二つは年少組で、三つ目は戦士の組としてすべての軍事行動に対し責任をもつ。残りの四つの組は長老組である。戦士の組は、およそ15年間実権を握ったのち、後続の組にその位置を明け渡し、自らは長老組の仲間入りをする。七つ目の最長老の組はそのころまでには全員死亡しているはずであり、「空っぽ」になった組の名称は新しくつくられた最年少の組に与えられて「再生」する。こうして七つの組の名は繰り返し現れ、全体としての年齢組は閉じた円環を形づくることになる。このようなタイプを循環型とよぶ。これに対し、メンバーの最後の1人が死ぬと組の名前も活動の独自性も永久に消滅し、同じものがふたたび現れることのないタイプは直線型とよばれる。同じケニアの農耕民キクユが直線型である。
 年齢組制は年齢階梯制や、ときには居住様式と結び付いて複雑な、その社会独自のシステムをつくっている。ケニアの農耕民メルでは年齢組はやはり15年間隔でつくられるが、各組の内部にそれぞれ三つの小組をもち、その名称はどの年齢組でも同じである。また各組は右か左に2分類されているため、右も左も別々にみると、その内部では父―息子という世代組となる。こうして社会の政治・軍事的実権は、ほぼ15年ごとに右から左へ、左から右へと移行する。タンザニアの農耕民ニャキュサでは一つの年齢組のメンバーは同じ村(年齢村)に住む。少年たちは10歳ころを境として両親の村を離れ、同年齢の少年たちといっしょに寝泊まりし始める。その後メンバーが増え、一定の期間が過ぎると年齢村は閉じられ、それぞれ個人の家を建てて結婚後もこの村に住むのである。またブラジル北部の先住民カネラでは年齢組が生産、祭儀、政治の活動にかかわるもっとも重要な集団となっている。男は10年ごとに成年儀礼を受け年齢組をつくる。鳥や獣の名をつけた年齢組が六つあって、それが繰り返す循環型となっている。各組には2人のリーダーがいて、このなかから集落の長も選ばれる。年齢組制(また年齢階梯制も)は親族関係による社会の集団化とは異なる重要性をもっている。それは親族や地域に分かれた社会を横断して別種の共同体組織をつくりだすからである。同じ組のメンバーに課せられる義務や権利、一体性の強調、また組間の関係は、社会秩序の維持の有効な手段となっている。[加藤 泰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の年齢集団の言及

【子供組】より

…村落や,都市のうちでも伝統のある古い町の内部で,地域的に,しかも行事のつど随時編成される子どもの年齢集団。若者組娘組が存在した時代には,それらの下位に属した。…

【男子集会所】より

…メラネシアや西アフリカには,男子が女子供を秘儀によって排除する秘密結社ないし男子結社が発達しているが,それらは呪術的な彫刻や装飾を施したりっぱな男子舎屋をもっている。他方,年齢集団がつよいインド東北部のアッサム地方のように,青年男子の若者宿が成人男子すべての集会所になっている場合も多い。一般に女子の立入りは厳禁だが,北米インディアンのようにクラブ化した秘密結社の集会所では,このタブーは緩んでいる。…

※「年齢集団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

年齢集団の関連キーワードけんか祭[妻鹿]イニシエーションギムナジウム神津島(村)チナンテカ族アピナイェ知能偏差値男子集会所ルグバラスワジ族一年神主イラク族知能指数性別集団性別分業遊戯集団ツワナ族ドゴン族子供会シャカ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年齢集団の関連情報