コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティチナー Edward Bradford Titchener

大辞林 第三版の解説

ティチナー【Edward Bradford Titchener】

1867~1927) アメリカの心理学者。イギリスの生まれ。ブントの構成心理学を継承し、意識の精細な分析を行い厳密な実験心理学を発展させた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

ティチナー

米国の心理学者。英国に生まれ,オックスフォード大学卒業後W.M.ブントに学び,1892年米国のコーネル大学助教授,1895年同教授。哲学から独立した科学としての心理学の確立に努力し,実験心理学としての構成心理学を発展させた。内省主義心理学の立場に立ち,内省によって見いだされる意識構成の単位として,感覚と感情のほかに心像imageをあげた。主著《実験心理学》(1901年―1905年)。
→関連項目構成心理学

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティチナー【Edward Bradford Titchener】

1867‐1927
アメリカの心理学者。イギリスに生まれ,オックスフォード大学で哲学,生理学を学んだ後,ライプチヒのブントの下で実験心理学を学んだ。やがてアメリカのコーネル大学に移り,そこに心理学の実験室を開設した。彼の心理学はブントの心理学を厳密化したものであり,内観によって意識内容を分析しその要素を見いだそうとするものであり,彼自らそれを構成心理学と称した。【児玉 憲典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティチナー
てぃちなー
Edward Bradford Titchener
(1867―1927)

アメリカの心理学者。イギリス生まれ。W・ブントの弟子。1892年アメリカのコーネル大学に招かれ、以来35年間にわたってブント流の構成主義structuralism(普通は構造主義と訳されるが、ブントおよびティチナーの場合は構成主義と訳される)の心理学を教えた。『実験心理学』4巻(1901~1905)は彼の代表的著作で、教師用と学生用とに分かれていて大いに利用された。彼の心理学はブントの心理学をより簡明にしたものであるが、内観的実験法により意識内容を要素に分析すること、動物や子供や異常者を扱わず、また個人差や応用の問題に関心を示さず、もっぱら正常者の一般法則を追究した点ではブントと同じである。機能主義、行動主義の台頭するなかで孤立したまま後継者を得なかった。[宇津木保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティチナーの言及

【知覚】より

…しかし色彩知覚や運動知覚のように対象とは独立に起こる知覚もあり,感覚との区別はあいまいである。 W.ブントやE.B.ティチナーなど構成心理学の人々は,要素的な純粋感覚を仮定し,その総和と,それと連合した心像(以前に経験した感覚の痕跡)を加えたものが知覚であると考えた。しかしM.ウェルトハイマーやW.ケーラーなどゲシュタルト心理学の人々は,知覚を要素的な感覚に分けることは不可能で,むしろ直接的に意識にのぼるのはつねに,あるまとまった知覚であると考えた。…

※「ティチナー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ティチナーの関連キーワードブント(Wilhelm Wundt)ギルフォード機能心理学高木貞二知覚

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android