コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルジット条約 ティルジットじょうやくTreaty of Tilsit

4件 の用語解説(ティルジット条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティルジット条約
ティルジットじょうやく
Treaty of Tilsit

1807年7月ナポレオン1世プロシア王フリードリヒ・ウィルヘルム3世およびロシア皇帝アレクサンドル1世とが,東プロシアのティルジットで結んだ和平条約。イェナ=アウエルシュテットの戦いアイラウの戦いでプロシア,ロシアを破ったナポレオンは,この条約によって大陸制圧をほぼ完成した。おもな内容は,(1) プロシア領ポーランドワルシャワ公国エルベ川左岸にウェストファリア王国を創設,(2) ダンチヒを自由市とする,(3) プロシア軍隊を4万 2000に制限,償金の支払い,その完済までのフランス軍の駐屯,(4) ほかにロシアのフランスへの協力を求めた付帯秘密条約など。この結果プロシアの領土,人口は半減された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ティルジット条約【ティルジットじょうやく】

1807年イェーナの戦に大勝したナポレオン東プロイセンのティルジットTilsitでロシア,プロイセンと結んだ平和条約。フランスは,エルベ左岸のプロイセン領を割取してウェストファーレン王国を,旧ポーランド領にはワルシャワ公国を建て,ダンチヒ(クダンスク)を自由市化。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ティルジットじょうやく【ティルジット条約】

〔ティルジット(Tilsit)はリトアニア共和国に近いロシア連邦の飛び地にあるソビエツク市の旧称〕
ナポレオン軍に大敗したプロイセンとロシアが、1807年フランスと結んだ講和条約。ワルシャワ大公国が建設され、プロイセンは領土の大半を失い、ナポレオンの大陸制覇は頂点に達した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティルジット条約
てぃるじっとじょうやく

1807年、ナポレオン1世とプロイセン王フリードリヒ・ウィルヘルム3世との間に結ばれた条約。ティルジットTilsitはニーメン(メーメル)川左岸の都市(現ロシア共和国カリーニングラード州ソビエツク市)。前年にプロイセンはナポレオンに宣戦を布告したが、イエナの戦いで敗れ、来援したロシア軍も同様の運命にあった。1807年2月、ロシア皇帝アレクサンドル1世とナポレオンは、ニーメン川上の筏(いかだ)で会見した。続いてプロイセン王と7月に和約が成立。条約では、エルベ川左岸の全域がウェストファリア王国とされ、ナポレオンの弟ジェロームが元首に就任。ダンツィヒは自由市とされる。また旧ポーランド領にワルシャワ公国が建設され、ザクセン王が支配者を兼ねるほか、莫大(ばくだい)な償金と軍備の制限がプロイセンに課せられた。[金澤 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のティルジット条約の言及

【対仏大同盟】より

…第3次は,1805年にイギリス,オーストリア,ロシア,スウェーデンなどの間で結ばれたが,オーストリアとのプレスブルク条約(1805)によって解消した。第4次は,06年にイギリス,プロイセン,ロシアなどの間で結ばれたが,プロイセン,ロシアとのティルジット条約(1807)によって解消した。第5次は,09年にイギリス,オーストリアの間で結ばれたが,オーストリアとのシェーンブルン条約(1809)によって解消した。…

【プロイセン改革】より

…1807年から22年にかけてプロイセン王国で行われた農制,営業・租税制度,行政,軍制,教育制度などの諸分野にわたる一連の近代的改革。指導した2人の宰相の名をとってシュタイン=ハルデンベルクの改革Stein‐Hardenbergsche Reformenとも呼ぶ。
[概要]
 1806年にイェーナの戦でナポレオン軍に完敗したプロイセンは,翌年のティルジットの和約で,領土の半ばを失い,多額の貢納金の支払,大陸封鎖令による対英貿易の禁止,フランス軍の駐留などの経済的圧迫を被り,国家存亡の危機にした。…

※「ティルジット条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ティルジット条約の関連キーワード並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記亀山焼三菱自動車五雲亭貞秀柴田是真

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone