コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオドルス[アマセア] Theodorus de Amasea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオドルス[アマセア]
Theodorus de Amasea

[生]?
[没]306
3世紀末のローマの軍人,聖人。小アジアのアマセア (現アマシア) 出身。ローマ皇帝マクシミアヌスの帝国北辺統治に従事。 303年ディオクレチアヌス帝のキリスト教迫害が始り,マクシミアヌスもそれにならったので (303) ,これに反抗してアマセアの女神の神殿に放火,火刑に処せられて殉教した。祝日 11月9日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テオドルス[アマセア]の関連キーワードジェイグループホールディングストレントバージンゴーダ島ヤーアン(雅安)地区奥出雲町小城藩カンザス木曽(町)慢性閉塞性肺疾患士幌町の要覧

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android