テオドルス[アマセア](英語表記)Theodorus de Amasea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テオドルス[アマセア]」の解説

テオドルス[アマセア]
Theodorus de Amasea

[生]?
[]306
3世紀末のローマ軍人聖人小アジアのアマセア (現アマシア) 出身。ローマ皇帝マクシミアヌスの帝国北辺統治に従事。 303年ディオクレチアヌス帝のキリスト教迫害が始り,マクシミアヌスもそれにならったので (303) ,これに反抗してアマセアの女神神殿放火火刑に処せられて殉教した。祝日 11月9日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android