コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テト攻勢 テトこうせい Tet offensive

2件 の用語解説(テト攻勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テト攻勢
テトこうせい
Tet offensive

ベトナム戦争において,1968年2月のテト (旧正月) に行われた解放戦線側の攻勢。首都サイゴン (現ホーチミン市) ,古都ユエを含めて南ベトナムの省都 44のうち 39までが攻撃され,アメリカ軍と南ベトナム政府軍は一応防衛に成功したが,大打撃を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テト攻勢
てとこうせい
Tet Offensive

ベトナム戦争中の1968年1月に解放戦線勢力によって敢行された奇襲攻撃。テトとはベトナム語で正月(旧暦)のことをいう。ベトナム戦争期には祝祭日短期間の休戦が行われており、この年もテト休戦が実施されていたが、その最中の1月30日未明、この攻勢がかけられた。休戦期間中であり、休戦協定違反の非難合戦が行われたが、サイゴン政府側は一部地域の休戦をいち早く取り消しており、どちらが先に休戦協定を破ったかの決着はつけがたかった。
 解放戦線側は南ベトナム全土で攻勢に出るとともにケサンのアメリカ軍基地を攻撃し、都市攻撃とケサン攻撃を互いに絡ませつつアメリカとサイゴン政府を揺さぶった。サイゴン側ばかりでなく、解放戦線側の犠牲も甚大であったが、この攻勢によってアメリカの索敵撃滅、農村平定という戦略は崩壊した。やむなくアメリカは、同年3月31日ジョンソン大統領が大統領選不出馬を言明するとともに北爆を停止し、和平交渉による戦争終結の道を求めた。テト攻勢はベトナム戦争の流れを変える大きな軍事行動であった。[丸山静雄]
『丸山静雄著『ベトナム戦争』(1969・筑摩書房) ▽D・オーバードーファー著、鈴木主税訳『テト攻勢』(1973・草思社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テト攻勢の関連キーワードインドシナ戦争ベトコン局地戦争イッピー越僑西沙諸島ベトナム復員軍人記念碑ベトナム共和国バーチェットベトナム反戦運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone