コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テト攻勢 テトこうせいTet offensive

2件 の用語解説(テト攻勢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テト攻勢
テトこうせい
Tet offensive

ベトナム戦争において,1968年2月のテト (旧正月) に行われた解放戦線側の攻勢。首都サイゴン (現ホーチミン市) ,古都ユエを含めて南ベトナムの省都 44のうち 39までが攻撃され,アメリカ軍と南ベトナム政府軍は一応防衛に成功したが,大打撃を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テト攻勢
てとこうせい
Tet Offensive

ベトナム戦争中の1968年1月に解放戦線勢力によって敢行された奇襲攻撃。テトとはベトナム語で正月(旧暦)のことをいう。ベトナム戦争期には祝祭日短期間の休戦が行われており、この年もテト休戦が実施されていたが、その最中の1月30日未明、この攻勢がかけられた。休戦期間中であり、休戦協定違反の非難合戦が行われたが、サイゴン政府側は一部地域の休戦をいち早く取り消しており、どちらが先に休戦協定を破ったかの決着はつけがたかった。
 解放戦線側は南ベトナム全土で攻勢に出るとともにケサンのアメリカ軍基地を攻撃し、都市攻撃とケサン攻撃を互いに絡ませつつアメリカとサイゴン政府を揺さぶった。サイゴン側ばかりでなく、解放戦線側の犠牲も甚大であったが、この攻勢によってアメリカの索敵撃滅、農村平定という戦略は崩壊した。やむなくアメリカは、同年3月31日ジョンソン大統領が大統領選不出馬を言明するとともに北爆を停止し、和平交渉による戦争終結の道を求めた。テト攻勢はベトナム戦争の流れを変える大きな軍事行動であった。[丸山静雄]
『丸山静雄著『ベトナム戦争』(1969・筑摩書房) ▽D・オーバードーファー著、鈴木主税訳『テト攻勢』(1973・草思社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テト攻勢の関連キーワードプロヴォークプレート・テクトニクスネオソム須藤為五郎いすゞ117クーペPA90型アニマル1五月革命オリンピックゾンドドゥルーズ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone