コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テフ テフTeX

9件 の用語解説(テフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

テフ(TeX)

米国のドナルド=クヌースが開発した電子組版のためのソフトウエア。数式表現に強く、理工系の学術機関を中心に普及している。機能強化したLaTeXなどがある。テック

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

テフ

エチオピアで古くから食用に栽培されてきた草丈40〜100cmのイネ科の一年生穀類。穀粒は長さ約1mmで穀類のうちで最も小さく,白色または茶色で鉄分を多く含む。畑で粗放に栽培された穀粒を集めて粉にし,バターと水で練り,数日間放置して発酵させた後,インジェラ呼ばれる直径60cmほどの薄焼きパンにする。
→関連項目ニワホコリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

テフ

TeX」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

テフ【TeX】

電子組版のための専用のソフトウェアアメリカの数学者ドナルド・クヌースが開発。数式表現に強く、学術機関などで広く利用される。LaTeXをはじめ、いくつかの改良版がある。◇「テック」ともいう。

出典|講談社
IT用語がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テフ【tef】

穀粒を食用とするイネ科の一年草。穀粒は1~1.5mmでイネ科穀物のうち最も小さい。テフの語源はエチオピア語のtéfa(紛失の意)で,この粒をひとたび落とせばもはや探しえないことによるという。原産はエチオピアで,現在はエチオピアおよびインド東部の両地域に限って栽培される。類似した野生種にE.aethopica Chiov.,E.pilosa (L.) Beauv.など数種あり,それらのどれかから栽培化されたものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

テフ【teff】

イネ科の一年草。エチオピア原産。穀物として、エチオピア・インドで栽培。高さ0.3~1.5メートル。穎果は長さ約1ミリメートルで、タンパク質に富む。粉にひいてパンにする。

テフ【TEX】

文書整形プログラムの一。アメリカの数学者クヌースが開発。パブリック-ドメイン-ソフトウエアとして広く流通している。テック。

テフ【TEX】

テフ

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テフ
てふ
tefteff
[学]Eragrostis abyssinica Schrad. (E. fef Trotter)

イネ科の一年草。草丈は0.3~1.5メートル。よく分げつし、葉は細長い。穂は夏に出て、長い枝柄をもつ。小穂は4~9個の小花からなり、長さ5~10ミリメートル。外穎(がいえい)は3~3.5ミリメートル、内穎は1~2ミリメートル。自家受精し、開花後30日ほどで穎果が完熟する。穎果はイネ科のものでは最小で、長さ約1ミリメートル、成熟すると露出し、やや脱粒性がある。タンパク質に富み、灰分、カルシウム、鉄などが多く含まれている。
 エチオピア原産で、古くインドに伝わり、この両地域に限って栽培されている。多くの品種があり、穎果の色によって、赤紫色の品種群と白色の品種群とに分けられる。エチオピアでは粒を臼(うす)で粉にひき、これに水を少量加えて練り、1日放置して発酵させ、バターなどを加えて、インジェラinjeraと称する薄焼きパンにする。特有の強い香りと酸味があり、常食とされる。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のテフの言及

【ドゥッフ】より

…ただしタールの一部やベンディールは小型シンバルの代りに,さわり弦を革面に張り,特殊な音響効果を発する。トルコ語ではドゥッフはデフdefまたはテフtefとなまって発音され,シンバル付きのものは特にジッリ・デフzilli defと呼ばれている。シンバルを欠くデフは民俗音楽やスーフィーの儀礼などに用いられ,これはダーイラとほとんど同じ太鼓であり,事実,古代・中世には円形のドゥッフはダーイラと呼ばれていた。…

【エチオピア】より

…貴族,僧侶,軍人たちは大土地所有者であり,小作農民とのあいだの封建的関係が複雑に入り組んでいる。農民は小麦,大麦,トウモロコシ,テフ(エチオピア固有のイネ科の穀物)などを栽培し,インジェラという発酵パンを主食とした。ティグレ族とアムハラ族の区別はむずかしいが,ティグレ族はエチオピア北部とエリトリアにかけて,孤立した山塊に居住して,アムハラ族の支配に抵抗した。…

※「テフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テフの関連情報