テムコ(英語表記)Temuco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テムコ
Temuco

チリ中南部の都市。コンセプシオンの南南東約 220km,太平洋岸から約 70km内陸にあり,カウティン川にのぞむ。古くからこの地域一帯に住んでいたインディオアラウカノ族は長い間スペイン,次いでチリの支配に抵抗。市は,1881年アラウカノ族とチリ政府との間に結ばれた条約によってこの地域がチリ領となったのち,辺境の町として建設され,ドイツ人を中心としたヨーロッパ人の入植によって次第に発展。現在周辺の農業地帯の中心地で,小麦,リンゴ,ウシ,木材などを集散,加工する。市内には大聖堂,アラウカノ博物館,インディオ市場などがあり,南方に広がるチリ湖沼地帯の入口で,また東方にそびえるアンデスのヤイマ火山のスキー場への基地ともなっているため,観光客が多い。パンアメリカン・ハイウェーとチリ縦貫鉄道が通る。人口 21万 1693 (1992推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テムコ

南米,チリ南部の都市。サンティアゴの南670km。農業地域の中心で,小麦,木材などの集散地。1881年アラウカノ族に対処するための拠点として建設された。市内にインディオの市場がある。26万5101人(2013)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テムコ【Temuco】

チリ南部のラ・アラウカニア地域(第9地域)の主都。人口23万9340(1995)。南部の農業地帯の中心で,小麦などの穀物や木材の集散地。この地方には今なおアラウカノ原住民が居住しているが,彼らは植民地時代からスペイン人に対し勇敢に戦った。テムコも1881年アラウカノ族に対処するための拠点として建設されたもの。市内のインディオのマーケットが有名。この地域から南は主としてドイツ人移民によって開発された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テムコ
てむこ
Temuco

南アメリカ、チリ南部の都市。チリ第9地域(ラ・アラウカニアLa Araucana)の首都。人口24万3731(2002国勢調査速報値)。サンティアゴの南方676キロメートル、インペリアル川中流部に位置し、チリ南部の農・牧畜産物、林産物のもっとも重要な集散地の一つである。他の地域よりも先住民のアラウカノ人の人口が比較的多く、アラウカノ人の市場も開かれる。近くにはビヤリカ湖をはじめ美しい湖沼地帯が広がり、南部観光の拠点でもある。[細野昭雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android