コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テムコ テムコTemuco

4件 の用語解説(テムコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テムコ
テムコ
Temuco

チリ中南部の都市。コンセプシオン南南東約 220km,太平洋岸から約 70km内陸にあり,カウティン川にのぞむ。古くからこの地域一帯に住んでいたインディオアラウカノ族は長い間スペイン,次いでチリの支配に抵抗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

テムコ

南米,チリ南部の都市。サンティアゴの南670km。農業地域の中心で,小麦,木材などの集散地。1881年アラウカノ族に対処するための拠点として建設された。市内にインディオの市場がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テムコ【Temuco】

チリ南部のラ・アラウカニア地域(第9地域)の主都。人口23万9340(1995)。南部の農業地帯の中心で,小麦などの穀物や木材の集散地。この地方には今なおアラウカノ原住民が居住しているが,彼らは植民地時代からスペイン人に対し勇敢に戦った。テムコも1881年アラウカノ族に対処するための拠点として建設されたもの。市内のインディオのマーケットが有名。この地域から南は主としてドイツ人移民によって開発された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テムコ
てむこ
Temuco

南アメリカ、チリ南部の都市。チリ第9地域(ラ・アラウカニアLa Araucana)の首都。人口24万3731(2002国勢調査速報値)。サンティアゴの南方676キロメートル、インペリアル川中流部に位置し、チリ南部の農・牧畜産物、林産物のもっとも重要な集散地の一つである。他の地域よりも先住民のアラウカノ人の人口が比較的多く、アラウカノ人の市場も開かれる。近くにはビヤリカ湖をはじめ美しい湖沼地帯が広がり、南部観光の拠点でもある。[細野昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テムコの関連情報