コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレサ・テン テレサテン

5件 の用語解説(テレサ・テンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

テレサ・テン

台湾生まれのポピュラー歌手。10歳のころラジオのど自慢で優勝,1967年にレコードデビュー,1970年代初めには香港,シンガポールで,1974年には日本でもデビュー。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

テレサ・テン

1953-1995 台湾の歌手。
1953年1月29日生まれ。昭和49年日本にデビュー,「空港」のヒットで同年レコード大賞新人賞。54年偽造旅券事件で国外退去となるが,東南アジアスターに成長して59年に再来日。「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」で同年から3年連続日本有線大賞。1995年5月8日旅行先のタイで死去。43歳。雲林出身。本名は鄧麗筠(トン-リーチユン)。芸名は英語圏ではTeresa Teng,中国語圏では鄧麗君(トン-リーチユン)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレサ・テン
てれさてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

テレサ・テン
テレサテン

07の歌手



国籍
台湾

生年
1953年1月29日

没年
1995年5月9日

出生地
雲林県

本名
鄧 麗君(テン リーチュン)

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞新人賞(第16回)〔’74年〕「空港」,日本歌謡大賞放送音楽新人連盟賞(第5回)〔’74年〕,新宿音楽祭銀賞(第7回)〔’74年〕,全日本有線放送大賞グランプリ(第17 18 19回)〔’84年 ’85年 ’86年〕「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」,日本有線放送大賞(第17 18 19回)〔’84年 ’85年 ’86年〕「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」,日本レコード大賞金賞(第28回)〔’86年〕「時の流れに身をまかせ」,日本レコード大賞特別功労賞(第37回)〔平成7年〕

経歴
台湾の人気歌手として1974年日本デビュー。同年「空港」のヒットでレコード大賞新人賞を受けたが、’79年偽造旅券事件で国外退去に。その後はアメリカ留学を経て香港、シンガポールなどで幅広く人気を獲得、東南アジアスーパースターとなって’84年再来日。同年「つぐない」が大ヒット、続く「愛人」「時の流れに身をまかせ」のヒットで3年連続日本有線放送大賞を受賞し、紅白にも出場。その切ない歌声は大陸(中国)でも親しまれ、’83年には「精神汚染追放運動」の対象にもなった。’89年からパリを拠点に活動。’92年日本で活動再開。’95年旅行先のタイで急死。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

テレサ・テン
テレサテン
Teresa Teng


国籍
台湾

職業
歌手

本名
鄧 麗君(テン リーチュン)

生年月日
1953年 1月29日

出生地
雲林県龍岩村

経歴
中国圏以外での芸名“テレサ・テン”はクリスチャン・ネームの“テレサ”を日本デビュー時にそのまま採用したもので、マザー・テレサに由来し本人が名付けた。台湾の芦沼小学校、金陵女子中を卒業後、1967年台湾で歌手デビュー。香港、シンガポールなど東南アジアを中心に活躍。’74年「今夜かしら明日かしら」で日本デビュー。同年「空港」のヒットでレコード大賞新人賞を受けたが、’79年偽造旅券事件で国外退去に。その後はアメリカ留学を経て香港、シンガポールなどで精力的に活動し、東南アジア一帯での人気は不動のものとなる。’84年再来日し、「つぐない」が150万枚の大ヒット。続く「愛人」も150万枚、「時の流れに身をまかせ」は200万枚という驚異的なセールスを記録。3年連続日本有線放送大賞を受賞し、NHK紅白歌合戦」にも出場。その切ない歌声は大陸(中国)でも親しまれ、’83年には「精神汚染追放運動」の対象にもなった。’89年からパリを拠点に活動。’92年日本で活動再開。’95年旅行先のタイ・チェンマイホテルで、持病のぜんそくの発作に襲われ、42歳の若さで急逝した。アジアの歌姫として親しまれた一方で、中国の民主化運動を支援する闘士の顔も持っていた。

受賞
日本レコード大賞新人賞(第16回)〔1974年〕「空港」,日本歌謡大賞放送音楽新人連盟賞(第5回)〔1974年〕,新宿音楽祭銀賞(第7回)〔1974年〕,全日本有線放送大賞グランプリ(第17 18 19回)〔1984年 1985年 1986年〕「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」,日本有線放送大賞(第17 18 19回)〔1984年 1985年 1986年〕「つぐない」「愛人」「時の流れに身をまかせ」,日本レコード大賞金賞(第28回)〔1986年〕「時の流れに身をまかせ」,日本レコード大賞特別功労賞(第37回)〔平成7年〕

没年月日
1995年 5月9日

伝記
歴史を生きた女性たち〈第1巻〉自分らしく豊かに生きて純情歌姫―テレサ・テン最後の八年間私の家は山の向こう―テレサ・テン十年目の真実テレサ・テンが見た夢―華人歌星伝説追憶のテレサ・テン―ともに歩んだ9年間の日々テレサ・テンの真実―悲劇の歌姫、国境を越えた愛 歴史教育者協議会 編鈴木 章代 著有田 芳生 著平野 久美子 著西田 裕司 著宇崎 真,渡辺 也寸志 著(発行元 汐文社角川書店,角川グループパブリッシング〔発売〕文芸春秋晶文社サンマーク出版徳間書店 ’09’07’07’96’96’96発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テレサ・テンの関連キーワード蔡培火台湾銀行花鹿台北帝国大学台湾栗鼠台湾岩台湾の住民投票台湾の先住民選挙台湾の主権問題孤蓬万里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テレサ・テンの関連情報