コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアス Dias, Antônio Gonçalves

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアス
Dias, Antônio Gonçalves

[生]1823.8.10. マラニャン,ボアビスタ
[没]1864.11.3. マラニャン,ギマラインス近海
ブラジルの詩人。ポルトガル人を父に,黒人とインディオの混血を母にもつ。生地で教育を受け,父とともに商業に従事。 1838年ポルトガルに渡りコインブラ大学で学び,45年帰国。ブラジル歴史・地理研究所へ入り,ペドロ2世高校でラテン語とブラジル史を教えた。 51年皇帝派遣の研究員として,アマゾン地方を旅行し,59年には,科学委員会の民族学部長としてセアラやアマゾンを旅行。のち健康を害してヨーロッパに転地療養するが,その帰国途上,船の難破で死亡。ブラジル・ロマン主義最大の詩人。土着民主義を開拓し,国民文学の真の創始者となった。詩集『初めの歌』 Primeiros Cantos (46) ,『終りの歌』 Últimos Cantos (51) のほかに数編の戯曲がある。

ディアス
Dias de Novais, Bartolomeu

[生]1450頃
[没]1500.5. 喜望峰沖
ポルトガルの航海者。 1487年ジョアン2世 (完全王) の命により D.カンの探検を引継いで南西アフリカ沿岸の航海に出発。ヨーロッパ人として初めてアフリカ大陸南端を迂回喜望峰に到達してバスコ・ダ・ガマによるインド航路発見を準備した。 1500年 P.カブラルを伴ってインドへ向う途中ブラジルに上陸したが,その後喜望峰沖で暴風雨にあい遭難死。

ディアス
Díaz, Adolfo

[生]1874
[没]1964
ニカラグアの政治家大統領 (在任 1913~17,26~28) 。保守,親アメリカ派の政治家で,1911年臨時大統領となり,内乱口実にアメリカの 20年にわたる海兵隊駐留を許した。アメリカの援助で,2度大統領に就任した。

ディアス
Díaz, Porfirio

[生]1830.9.15. オアハカ
[没]1915.7.2. パリ
メキシコの軍人,独裁者。大統領 (在任 1877~80,84~1911) 。貧しいメスティーソ出身であったが,1857~60年の B.フアレスの指導するレフォルマおよび対フランス戦 (1861~67) で革命派の軍人として活躍。やがてフアレスと対立し,その死後,76年クーデターに成功,77年大統領となり,以後地主階級と外国資本の支持を背景に,30年余メキシコを支配した。しかしその極端な地主,外資保護政策に対して 1910年 F.マデロの革命が勃発,翌 11年ヨーロッパに亡命した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディアス(Bartholomeu Dias)

[1450ころ~1500]ポルトガルの航海者。1488年、初めてアフリカ南端を通過し、嵐の岬と命名した(のちポルトガル王ジョアン2世によって喜望峰改名)。ブラジルへの探検航海中に死亡。

ディアス(Porfirio Díaz)

[1830~1915]メキシコの軍人・政治家。ファレス大統領の下で改革戦争・対仏戦争に活躍。のち反動化して1876年のクーデターで実権を握り、大統領に就任。地主階級と外国資本の支持を受けて35年間にわたり独裁者として君臨した。1911年のメキシコ革命によって追放され、フランスに亡命。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディアス

メキシコの政治家,大統領。マクシミリアンの帝政に対する戦いを通じて頭角を現し,1876年武力で政権を握った。以後35年間にわたって事実上独裁体制をしき,外資導入による産業開発,近代化を進めたが,政治の民主化を求める声が高まり,1910年メキシコ革命が勃発。
→関連項目オアハカマデロ

ディアス

ポルトガルの航海者。バーソロミューディアズBartholomew Diazとも。ジョアン2世の命を受けて1487年―1488年プレスター・ジョンの国(プレスター・ジョン伝説)を探すためアフリカ周航を指揮。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディアス【Bartholomeu Dias】

?‐1500
ポルトガルの航海者。ベルデ岬(カボ・ベルデ)の発見者ディニス・ディアスDinís Diasの子孫で,1486年海路プレスター・ジョンの国(エチオピアプレスター・ジョン伝説)に到達することを命ぜられ,アフリカ西海岸に沿って南下し,その南端を回ったが,乗組員の反抗にあって引き返した。彼はアフリカ大陸最南端の岬を〈嵐の岬〉と命名したが,のち〈喜望峰〉と改められた。1500年ペドロ・アルバレス,P.A.カブラル船隊に参加してインドに向かい,喜望峰付近で難破したが,インドに到着したのち,同地で死去した。

ディアス【Porfirio Díaz】

1830‐1915
メキシコの政治家,大統領。在任1877‐80年,1884‐1911年。南部オアハカ州で生まれ,法律を学ぶ。米墨戦争(1846‐48)で国防軍に参加,1854年の自由主義派によるアユトラ革命に加わり,のち対フランス干渉戦争で活躍して国民的英雄となった。67年と71年の大統領選挙に立候補したが,2度とも長老政治家ベニート・フアレスに敗れた。76年武力によって実権を掌握し,のち35年間にわたって事実上独裁体制をしいた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディアス【Bartholomeu Dias】

1450頃~1500) ポルトガルの航海者。1488年アフリカ南端の岬を発見し、嵐の岬と命名(のち喜望峰と改められた)、インド航路を開く端緒となる。バルトロメウ=ディアシュ。バーソロミュー=ディアス。

ディアス【Porfirio Díaz】

1830~1915) メキシコの独裁者。1876年クーデターで大統領に就任。大地主保護・外国資本導入による経済発展を推進したが、1910年メキシコ革命が起こり、翌年辞任。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

ディアス

生年月日:1861年12月6日
イタリアの軍人
1928年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のディアスの言及

【アフリカ探検】より

…やがてポルトガルはアフリカ全体の沿岸を調べること,そして香料の国インドへの道を開くことに熱意をもった。88年B.ディアスは初めてアフリカ南端をまわってインド洋の入口まで達した。岬の嵐の激しさを示すためディアスは〈嵐の岬〉という名称を用意したが,国王は〈よき希望の岬(喜望峰)〉と命名した。…

【モセルバーイ】より

…南からの風波を避けるのに好適な港として,また幾つかの美しい海水浴場のある保養地として知られる。1488年にバルトロメウ・ディアスが初めて立ち寄り,97年にはバスコ・ダ・ガマが寄港,1500年にはペドロ・ダタイデが嵐を避けて上陸した。このように南部アフリカにおいてポルトガル人航海者が最初に上陸した港として,歴史的に重要な町である。…

【メキシコ】より

…1810年に始まる独立運動は,本国スペインがナポレオンによって侵略されスペイン王室の権威が失墜したことを契機として始まったが,19世紀初頭のメキシコにはすでに独立への気運が高まりつつあったのである。
[近代]
 独立以降の今日に至る時代は,(1)独立後1860年代まで続く混乱の時代,(2)政治の安定と経済の繁栄を達成したディアス独裁時代(1877‐1911),(3)1910年に勃発したメキシコ革命を起点とする現代,に大きく分けられる。 1810年9月16日の〈ドローレスの叫び〉で始まった独立運動は,独立の父イダルゴ神父によって率いられ,イダルゴが処刑されたのちモレロスによって引き継がれて,13年チルパンシンゴの議会で独立宣言がなされた。…

【メキシコ革命】より

…半植民地的社会経済構造の変革を目ざして,20世紀前半にメキシコで起こった民族主義的社会革命。狭義には35年間に及んだディアス独裁体制(1877‐1911)の打倒を目ざした1910年11月20日のマデロによる武装蜂起に始まり,革命憲法が制定された17年に終結したとされる。より広義には民主的政治体制の確立,農地改革の実施など革命目標が実現されたカルデナス政権(1934‐40)の終了をもって革命は終結したとされる。…

【ラテン・アメリカ】より

…スペイン国王はコロンブス,コルテス,ピサロ,その他代表的なコンキスタドールたちに全面的な政治権力をゆだねたので,その結果,彼らは征服地においては君主のような存在となった。しかし,いったん征服地の重要性が明らかになると,王室はコンキスタドールの権力の削減に努め,中央集権化を図るためにスペインで採用した諸制度を同じ目的のもとに新たに発見・征服したインディアスへ移植した。16世紀半ばごろには,インディアスの政治組織は決定的な形を整え,それはわずかな変化を受けつつも18世紀後半のブルボン王朝による改革の時期まで存続した。…

※「ディアス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディアスの関連キーワードチャーリーズ・エンジェル フルスロットルラファエール・G. カノガールギャング・オブ・ニューヨークホセー・グァダルーペ ポサダベネスティアーノ カランサチャーリーズ・エンジェルシュレック フォーエバーバルトロメウ・ディアスペインテッド・デザートバーソロミューディアスR. フロレス・マゴンフランシスコ マデロシウダー・オブレゴンシエンティフィコスマルコヴィッチの穴メリーに首ったけフロレス・マゴンジョアン[2世]ラ・プラタ[川]わがシッドの歌

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディアスの関連情報