コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディダケー didakhē

3件 の用語解説(ディダケーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ディダケー【didakhē】

〔教え、規律の意〕
原始キリスト教においてイエスの教えを実践するための信仰生活の教示・訓育。狭義には使徒教父文書の一つ「十二使徒の教訓」を指す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ディダケー【Didachē】

使徒教父に含まれる一文書。正確には《十二使徒を通して諸国民に与えられた主の教訓》,一般には《十二使徒の教訓》または標題の最初の語をとって《ディダケー(教訓)》と呼ばれる。教会規律の指導書という性格を持つ。内容は,〈生命の道〉と〈死の道〉とからなる道徳律,典礼に関する規定,教会生活に関する規定,終末論的な警告などからなる。十二使徒という名がつけられてはいるが,直接の関係はないと思われる。著者は不明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディダケー
でぃだけー
Didach

キリスト教の「使徒教父文書」の一つ。『十二使徒の教訓』ともいう。ディダケーとはギリシア語で「教訓」の意。原文はギリシア語。著者は不明。成立年代は1世紀末か2世紀初頭、成立地はシリアパレスチナと推定される。全編16章の小文書で、1~6章は生命と死との二つの道を説き、7~15章は洗礼、断食、祈り、聖餐(せいさん)などの教会生活の諸規定を、16章は終末的希望と警告を語っている。なおこの文書は、長らく部分的にしか知られていなかったが、1875年コンスタンティノープルの修道院で全文のギリシア語写本(11世紀のもの)が発見され、原始キリスト教の研究に一つの光を投じた。[菊地栄三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディダケーの関連キーワード使徒教父十二使徒ヘルマスの牧者アピゲニンリボソームRNAディオグネトスへの手紙パピアスの断片バルナバの手紙ポリュカルポスの手紙蔵干

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone