コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディポネゴロ Diponegoro

2件 の用語解説(ディポネゴロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ディポネゴロ【Diponegoro】

1785‐1855
インドネシアジャワ島ジョクジャカルタスルタン,アマンクブウォノ3世の長男で,ジャワ戦争(1825‐30)における反乱軍の指導者。インドネシア共和国の民族英雄の一人。イギリスのジャワ統治期間(1811‐16)中の1814年に父王が死去したが,ディポネゴロの母の地位が低かったため,王位は弟ジャロットによって継承された。ディポネゴロは少年時代から宮廷の腐敗ぶりや陰謀を嫌ってイスラム寄宿学校に住み,一般民衆とも接触があった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディポネゴロ
でぃぽねごろ
Diponegoro
(1785―1855)

ジャワ戦争(1825~30)の指導者。ジョクジャカルタ王家のアマンク・ブワナ5世(在位1822~55)の異母兄。若いときから宗教的な修行を積み、臣下の間に声望があったが、王位継承に際して無視されたことがきっかけとなって王宮を離れた。このころオランダ人、および彼らと結んだ中国人の経済的進出に苦しめられていたジャワ人に推されて、オランダ人に対して戦争を始め、5年間にわたって戦った(ジャワ戦争)。オランダ軍は初め劣勢であったが、巧みな戦術で彼とその軍隊を追い詰め、1830年に詭計(きけい)を用いて彼を捕らえ、初めメナド、のちマカッサルに流刑に処した。[生田 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディポネゴロの関連キーワードインドネシア語インドネシア語派ジャワ語ジョクジャカルタスマランスリンバンドンサマランジャガタラジャワ種 (Java)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone