コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディルハム dirham

翻訳|dirham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディルハム
dirham

ディーナール金貨と並んでイスラム社会に流通した銀貨。最初のディルハムは,ササン朝の銀貨の模倣であったが,ディーナールと同様,698/9年にウマイヤ朝カリフアブドゥル・マリクが法定重量約 2.97gの新貨を鋳造すると,これが 10世紀頃までの標準貨幣として用いられた。ディーナール金貨との交換率は時代と場所によって異なるが,規定では 10あるいは 12ディルハムが1ディーナールであるとされていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディルハム(〈アラビア〉dirham)

アラブ首長国連邦モロッコの通貨単位。1ディルハムは、アラブ首長国連邦では100フィルス、モロッコでは100サンチーム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ディルハム【dirham】

イスラム世界における銀貨の重さ,金額の単位であると同時に,銀貨そのものの呼称。1ディルハムは銀2.97gが標準であった。金貨の単位であるディーナールとの換算比率は,1ディーナール=10ディルハムが法的標準のはずであるが,実際は時代,地域によって大きな変動があり,極端な場合には1ディーナール=30ディルハム以上ということもあった。ディルハム銀貨は最初,ササン朝のものをまねてつくられたが,ウマイヤ朝のアブド・アルマリク(在位685‐705)時代にイスラム独自の銘だけのものが鋳造され,その型がだいたい踏襲された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のディルハムの言及

【度量衡】より

…シャリーア(イスラム法)には全国に統一的な度量衡が定められてはいたが,現実には各時代や地域による慣行が重んじられ,これを公正な取引の基準に照らして保持するのが市場監督官(ムフタシブ)の役目であった。重量の基礎はディルハムとミスカールmithqālにあり,1ディルハム(3.125g)は大麦50~60粒を基準にして定められ,ディルハムとミスカールの比は7:10であったから,1ミスカールは4.464gで,これが1ディーナールに相当した。重い物の計量には,キンタールqinṭārとマンmannとラトルraṭlが用いられた。…

※「ディルハム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディルハムの関連キーワードアラブ首長国連邦の要覧UAEの経済とドバイアブド・アルマリク中東史(年表)モロッコの要覧ジンディークサッラーフジズヤアター

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディルハムの関連情報