ディレクトリー

ASCII.jpデジタル用語辞典「ディレクトリー」の解説

ディレクトリー

記憶装置の中のファイルを分類して階層構造で管理するための概念ディレクトリーは複数作成でき、ディレクトリーの中に別のディレクトリーを作成して、ファイルを階層化して管理できる。最上位のディレクトリーをルートディレクトリー、その下にあるディレクトリーをサブディレクトリーと呼ぶ。また、現在、作業しているディレクトリーをカレントディレクトリーという。WindowsやMac OSにおける「フォルダー」は、ディレクトリーとほぼ同じ意味で使われる。ファイルの場所は、ディレクトリー名を「/」で区切って並べたパスで表現する。ルートディレクトリーから見たパスを絶対パスまたはフルパスカレントディレクトリーから見たパスを相対パスという。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「ディレクトリー」の解説

ディレクトリー【directory】

MS-DOSUNIX系のオペレーティングシステムで、コンピューターで扱うファイルを分類して収める場所。階層構造を持たせて整理や管理を行う。最上位の階層を「ルートディレクトリー」、操作の対象となるファイルと同じ階層を「カレントディレクトリー」または「ワーキングディレクトリー」という。◇コンピューターの分野では「ディレクトリ」ということが多い。WindowsMac OSでは「フォルダー」という。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「ディレクトリー」の解説

ディレクトリー(directory)

住所氏名録。人名簿紳士録名鑑。また、ビルなどの居住者表示板。
コンピューターで、ハードディスクやCD-ROMなどの記憶媒体に記録された複数のファイルを、分類したり整理したりするために、あるまとまりをもたせて収容した場所、または概念。入れ子状に階層構造をもたせることができる。UNIX系のオペレーティングシステムではディレクトリーと呼び、WindowsMac OSではフォルダーと呼ぶ。
[類語]名鑑名簿人名簿紳士録住所録リストブラックリスト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android