コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディンゴ Canis dingo; dingo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディンゴ
Canis dingo; dingo

食肉目イヌ科。オーストラリア野生犬。アジアから古代人と一緒にオーストラリア大陸に渡り,そこで野生化したものの子孫という説がある。オオカミよりやや小さく,体長 90cm,尾長 30cm,肩高 60cm。頭部は楔形。耳の先端は丸く,立耳である。四肢はやや長め。被毛は短く,毛色は赤褐色黄褐色夜行性で小群をなし,家畜家禽に害を与えるが,次第に家犬と雑種化しつつある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ディンゴ(dingo)

《「ジンゴ」とも》イヌ科の哺乳類。体長約60センチでオオカミより小形。吻(ふん)が長く、耳が立ち、尾は巻かず、毛は黄褐色で短毛。オーストラリアに分布し、有史以前すでに人類と共存関係にあったと考えられ、家畜の犬の祖先型を示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ディンゴ

食肉目イヌ科の哺乳(ほにゅう)類。体長150cm,尾35cm,肩高65cmほど。オーストラリアにすむ唯一の食肉類で,家畜犬の原種に近いといわれる。インドネシア,オーストラリア,マレーシア,タイ,ビルマなどに分布。
→関連項目イヌ(犬)フレーザー[島]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

ディンゴ【Dingo】

オーストラリア原産の中型犬。アボリジニ番犬として使われていた野生種で、完全に家畜化されておらず、飼育は希である。現在はイエイヌとの混血が進み、純血種は少なくなっている。

出典 講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ディンゴ【dingo】

オーストラリアに野生するイヌに似た哺乳類で,食肉目イヌ科に属する(イラスト)。約9000年前,アボリジニーがアジアから渡ったときに,家畜として連れていたものが,のちに野生化したともいわれ,ニューギニアのパプアディンゴC.hallstromiも同じような起源であるという説が強い。体長117~124cm,尾長30~33cm,肩高50cm,体重10~20kg。体つきは家畜のイヌに似るが,吻(ふん)が長く,裂肉歯(上の第4前臼歯(ぜんきゆうし)と下の第1臼歯)が巨大で,犬歯は長く細い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ディンゴ【dingo】

イヌ科の哺乳類。オーストラリアに産する唯一の食肉目の獣。肩高60センチメートルほど。耳は立ち、短毛で黄褐色ないし赤褐色。カンガルー・ウサギなどを捕食。何千年以上も前に移住民の家畜犬が野生化したものといわれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ディンゴ
でぃんご
dingo
[学]Canis dingo

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。ジンゴともいう。密林地帯を除くオーストラリアに広く分布し、中形日本犬に似るが吻(ふん)が長く、尾を巻かず、裂肉歯が顕著に大きい。体長100センチメートル、尾長35センチメートル前後。オオカミと違って耳介が外上方に向かい、毛が短く背筋で3センチメートル、尾で6センチメートル前後、尾が房状でない。毛色は黒から白まであるが、普通は黄褐色で体の下面は淡色、尾と足の先が多くは白色、前肢前面に暗色斑(はん)を欠く。ウサギの穴や岩の下にすみ、ヒツジ、ウサギ、カンガルーなどを捕食するほか、先住民の残飯をあさる。めったにほえない。石器時代にヨーロッパにいたイヌの原種に酷似する。先住民が約9000年前に連れてきた家畜犬が野生化したと考えられていたが、近年、イヌとは別の野生種で、一度も家畜化されたことがないとの説も現れ、真相は明らかにされていない。ニューギニア島の山地に分布するニューギニアイヌもしばしば同種とされる。[今泉吉典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のディンゴの言及

【イヌ(犬)】より

…また前肢の前面,外側の濃色部と内側の淡色部の境には,ときに地色よりわずかに暗色で不明りょうなこともあるが,多くは黒褐色の鮮明な縦斑がある。ところがイヌとディンゴでは背筋の毛は体側の毛よりわずかに長いだけで(この点はヨコスジジャッカルに似る),この部分の毛色は体側とわずかしか違わない。また前肢には暗色縦斑を欠き,この点ではシメニアジャッカル(アビシニアジャッカル)とセグロジャッカルに似ている。…

【オーストラリア】より

…つまり,地下生活に適応したフクロモグラ,樹上性で滑空するフクロモモンガやチビフクロモモンガ,ユーカリの葉だけを食物とするコアラ,草食性で半砂漠にすむアカカンガルー,林縁性のハイイロカンガルー,食肉性のフクロオオカミやフクロネコ,アリを専門に食べるフクロアリクイなどさまざまなものが生息する。残りの半分は比較的新しく入って来た真獣類のネズミとコウモリの仲間,先住のアボリジニーが連れて来た野犬(ディンゴ),および植民後に白人がヨーロッパなどから導入したウサギ類,キツネ,シカ,ラクダなどである。オウム科(オーストラリア産52種)の原産地である同大陸からは,733種の鳥類が記録されている。…

※「ディンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ディンゴの関連キーワードオーストラリアン・キャトル・ドッグケイタ(Salif Keita)ケアンズオーストラリア先住民交易(物のやりとり)フレーザー[島]ブルキナ・ファソフクロオオカミペリー キングギニア・ビサウニューギニア島ガンビアの要覧フレーザー島ギニア(国)ウリャスタイマリンケ族バラフォンマンデ諸族イヌ(犬)アフリカ史

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ディンゴの関連情報