コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディーゼル機関 ディーゼルきかんdiesel engine

翻訳|diesel engine

2件 の用語解説(ディーゼル機関の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディーゼル機関
ディーゼルきかん
diesel engine

1897年ドイツの技術者 R.ディーゼルが発明した,圧縮着火による往復動内燃機関圧縮点火機関ともいう。シリンダには空気だけが吸入されるが,圧縮比が比較的高い (14~25) ため,シリンダ中で圧縮された空気の圧力は3~6MPa,温度は 500℃内外に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ディーゼル‐きかん〔‐キクワン〕【ディーゼル機関】

ディーゼルが発明した内燃機関。シリンダー内に空気を吸入、圧縮して高温とし、重油軽油を噴射して着火・燃焼させてピストンを動かすもの。熱効率がよく、船舶・航空機・車両などに広く使用。ディーゼルエンジン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のディーゼル機関の言及

【ディーゼルエンジン】より

…ディーゼル機関ともいう。主として軽油,または重油を燃料とする圧縮点火式・容積型の内燃機関。…

※「ディーゼル機関」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ディーゼル機関の関連キーワードフィリピン革命帝国大学オールコック大韓帝国京都大学京都大学東京大学ドイツ映画日本映画美文

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ディーゼル機関の関連情報