着火(読み)ちゃっか

精選版 日本国語大辞典「着火」の解説

ちゃっ‐か チャククヮ【着火】

がつくこと。また、火をつけること。
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉五「敵兵を轟殺せんと謀りしが、着火(チャククヮ)の日、敵兵其事を察せしにより」

ちゃく‐か ‥クヮ【着火】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「着火」の解説

ちゃっ‐か〔チヤククワ〕【着火】

[名](スル)火がつくこと。火をつけること。「ライターがなかなか着火しない」
[類語]発火点火引火出火ほのおほむら火炎かえん光炎こうえん紅炎こうえん火柱ひばしら火先ほさき火の気火気種火火種口火火付き火加減火持ち残り火おき燠火おきび埋み火炭火火の粉火花火玉花火焚き火迎え火送り火野火

ちゃく‐か〔‐クワ〕【着火】

[名](スル)ちゃっか(着火)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の着火の言及

【燃焼】より


[燃焼の発生]
 燃焼を時間的な経過からみると,これは燃焼形式のいかんにかかわらず,燃焼の発生と継続の二つの過程に分かれ,それぞれ異なった特性を示す。燃焼の発生は発火(着火,点火)と呼ばれ,これには自然発火と口火による発火の二つの形式がある。前者は,可燃性の混合系または可燃性の物質が酸化性雰囲気内で,みずから燃えはじめる現象を指す。…

※「着火」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android