コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイモス デイモスDeimos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイモス
Deimos

火星の外側の衛星。内側のフォボスとともに 1877年 A.ホールが発見した。平均光度約 12等。半径は約8×6× 6km。公転周期1日6時間 21分。表面には多くのクレータがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デイモス

火星の第II衛星。1877年A.ホールが発見。火星の中心から2万3480km(火星半径の6.91倍)のところを1.26244日の周期で公転。15km×12km×11kmのいびつな形状をしていて,表面はクレーターに覆われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デイモス【Deimos】

火星の第II衛星。1877年,A.ホールによって発見された。火星の中心から2万3480km(火星半径の6.91倍)のところを1.26244日で公転している。直径15km×12km×11kmのいびつな形をしており,質量は1.8×1018g(火星の2.8×10-9倍)で,平均密度は1.7g/cm3と求められる。表面はクレーターに覆われており,最大のものの直径は1.3kmある。【田中 済】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デイモス【Deimos】

火星の第二衛星。長径およそ16キロメートル。約30時間で公転。ダイモス。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デイモス
でいもす
Deimos

火星の衛星。ダイモスともいう。1877年アメリカ、ワシントン海軍天文台のホールにより、もう一つの衛星フォボスとともに発見された。フォボスより外側に位置しており、半径約2万3500キロメートルの軌道を、30時間18分ほどで公転している。火星探査機による観測で、長径が約16キロメートルの不規則な楕円(だえん)形をしており、表面には多くのクレーターがあることがわかった。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデイモスの言及

【火星】より

… 最近,火星から来たものとされる南極隕石中に極微量のベンゼン型の有機分子や鉄硫化物などが同一場所に検出され,古代の火星生命の痕跡かと騒がれたが,確証に乏しく,結論は将来の研究に待つべきである。
[衛星]
 火星には1877年A.ホールによって発見されたフォボス,デイモスという二つの衛星がある。それぞれ長径が25kmと13km程度の不規則な形をした火星の月である。…

※「デイモス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デイモスの関連キーワードホール(Asaph Hall)シディユセフモスク悪魔の花嫁チュニス

デイモスの関連情報