コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デカボラン decaborane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デカボラン
decaborane

水素とホウ素より成るボランの1つ。化学式 B10H14 。無色固体。ロケットの燃料として使われる。融点 100℃。ジボランなどを熱してつくり,昇華により精製する。酸素中では定温で安定であるが,空気のないところでは 200℃で分解する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デカボランの関連キーワードボラン(データノート)クラスター化合物ロケット分子融点

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android