コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デシケーター desiccator

翻訳|desiccator

百科事典マイペディアの解説

デシケーター

固体または液体の試料を乾燥,貯蔵するために用いられる厚肉ガラス製除湿器。すのこによって上下部分に分けられている。下部に乾燥剤シリカゲル塩化カルシウム濃硫酸など)を入れ,穴のあいた陶器製板(すのこ)をのせ,その上に試料を置く。ふたはすり合せになっていてグリースを塗って外気の侵入を防ぐ。大小各種あり,無色のものや褐色のものなどがある。またふたか胴に減圧用の吸引口を備えた真空デシケーターなどもある。
→関連項目乾燥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

デシケーター

 密閉容器で,内部湿度を種々の方法で減少させ,吸湿しやすい物質や菓子などを保存するもの.乾燥剤を内部に入れたり,脱気したりして湿度を減らす.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デシケーター【desiccator】

除湿器ともいう。固体または液体の乾燥剤を使用して,各種のサンプルを乾燥したり,蓄えたりするのに用いる厚肉ガラス製の器。化学実験室では図に示したようなタイプのものが最も普通に用いられる。底に乾燥剤(シリカゲル,塩化カルシウム,五酸化二リンなどの固体,あるいは濃硫酸など)を入れ,穴のあいた磁製の底板をおき,その上に乾燥しようとするサンプルをおいてふたをする。ふたと容器本体の接触部はすり合せになっており,ここにグリースなどを塗って気密になるようにしておく。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

デシケーター【desiccator】

化学実験室などで固体物質の乾燥や、吸湿性物質の保存に用いられるふたつきの厚肉ガラス製の器。目的物質を入れる室と乾燥剤を入れる室が上下に分かれていて、外気とは容器のふたのすり合わせにグリースなどを塗って遮断される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デシケーター
でしけーたー
dessiccator

化学実験器具の一つで、吸湿性の固体、液体の乾燥、保存などに利用される容器。通常は厚肉ガラス製で、蓋(ふた)と容器本体とはすり合わせで密着するように加工されている。
 容器本体はくびれによって底板を保持する構造をとり、底板下に乾燥剤、底板上に試料を置く。蓋と本体とのすり合わせ部分には薄くグリースを塗って密着性を高めるのが普通であるが、ヨウ素の乾燥や、濃硫酸を乾燥剤とするときには塗らないほうがよい。褐色ガラス製の遮光用のもの、あるいは蓋または本体からコック付き側管を出した減圧乾燥用のものもあるが、減圧使用時にはテープを巻き付けるなどして、破損(爆発的に破片が飛散する)に注意する。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデシケーターの言及

【乾燥】より

…加熱しても分解しないような場合には,加熱空気を通じる空気浴,100℃以下の加熱では湯浴,100℃付近での加熱で水蒸気浴,さらに高温で油浴などが用いられる。しかし最も普通には,上記のような操作を行ってからデシケーター(ガラス製乾燥器)中に乾燥剤を入れて保存する方法が多用される。デシケーターは常圧でもよいが,減圧して用いるとさらに効率がよい。…

※「デシケーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

デシケーターの関連キーワードリンモリブデン酸塩(燐モリブデン酸塩)減圧デシケーター水酸化リチウム水酸化銅防湿脱水

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android