コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デデ・コルクトの書 デデ・コルクトのしょKitâb-i Dede Korkut

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デデ・コルクトの書
デデ・コルクトのしょ
Kitâb-i Dede Korkut

アゼルバイジャンと中央アジアのオグズ族の間で生れた史詩 (デスターン) の一つ。 15世紀末に書き記されたが,その起源は 10世紀までさかのぼれる。韻をふんだ散文体による当時の民衆口語で書かれている。全体として一つの構成をもちながら,それぞれに独立した 12の話から成り立ち,古いトルコ族の生活や慣習を伝えている。トルコ文学中の傑作といわれ,ドレスデンバチカンの図書館に写本がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デデ・コルクトの書
ででこるくとのしょ
Dede Korkut Kitbi

トルコ系オグズ人の伝説的吟遊詩人デデ・コルクトによって語られた英雄叙事詩。中央アジアからカフカス、アゼルバイジャン、北東部アナトリアを舞台とし、イスラム化したトルコ人と近隣のキリスト教徒との戦闘を主題とする。オグズ人の始祖伝説『オグズ・ナーメ』を受け継ぎ、『オデュッセイア』などオグズ人の接触した他民族の説話をも取り入れている。散文を主体とし、詩や格言をちりばめた12の物語からなり、オグズ人の信仰、慣習、生活、言語、歴史など、イスラム化してまもないトルコ人の民衆文化を知るうえに貴重な材料を提供する。[永田雄三]
『F. Smer, A. E. Uysal, W. S. Walker (tr.) The Book of Dede Korkut (1972, Austin & London)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デデ・コルクトの書の関連キーワードキョルオウル

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android