コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デデ・コルクトの書 デデ・コルクトのしょ Kitâb-i Dede Korkut

2件 の用語解説(デデ・コルクトの書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デデ・コルクトの書
デデ・コルクトのしょ
Kitâb-i Dede Korkut

アゼルバイジャンと中央アジアオグズ族の間で生れた史詩 (デスターン) の一つ。 15世紀末に書き記されたが,その起源は 10世紀までさかのぼれる。韻をふんだ散文体による当時の民衆口語で書かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デデ・コルクトの書
ででこるくとのしょ
Dede Korkut Kitbi

トルコ系オグズ人の伝説的吟遊詩人デデ・コルクトによって語られた英雄叙事詩。中央アジアからカフカスアゼルバイジャン、北東部アナトリアを舞台とし、イスラム化したトルコ人と近隣のキリスト教徒との戦闘を主題とする。オグズ人の始祖伝説オグズ・ナーメ』を受け継ぎ、『オデュッセイア』などオグズ人の接触した他民族の説話をも取り入れている。散文を主体とし、詩や格言をちりばめた12の物語からなり、オグズ人の信仰、慣習、生活、言語、歴史など、イスラム化してまもないトルコ人の民衆文化を知るうえに貴重な材料を提供する。[永田雄三]
『F. Smer, A. E. Uysal, W. S. Walker (tr.) The Book of Dede Korkut (1972, Austin & London)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デデ・コルクトの書の関連キーワードアゼルバイジャンアゼルバイジャン語アゼルバイジャン人イランヤナルダグアーホンドザーデオグズデデ・コルクトの書アゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国イラン領アゼルバイジャン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone