コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デフレーター デフレーターdeflator

翻訳|deflator

6件 の用語解説(デフレーターの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デフレーター
デフレーター
deflator

各種の経済変量の時系列の時間的比較を行う場合,その経済変量が貨幣タームで表現されていれば,その貨幣価値の変動を除去する (これを実質化という) 必要が生じてくる。デフレーターとは,これらの経済変量の物価変動を除去するために用いられる物価指数をさす場合が多い (物価デフレーター) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

デフレーター

国民所得統計の名目値(時価表示)を実質値(不変価格表示)に換算するのに用いられる物価指数で、パーシェ型指数で計算される。一般的に、GDPデフレーターが用いられることが多い。GDPデフレーターは、消費や投資など需要項目ごとに実質値を求め、その合計(=実質GDP)で名目GDPを除したもの。例えば、需要項目が2つの品目から成り立つと仮定し、それぞれの品目の名目値をX1、X2、それぞれのデフレーターをP1、P2とすると、この需要項目の名目値(X)はX1+X2、実質値(XR)はX1/P1+X2/P2となる。全体のデフレーター(P)はX/XRで計算され、P1とP2から直接的に求められるのではない。このことから、全体のデフレーターをインプリシット(暗示的)・デフレーターということもある。全般的な物価水準を表すGDPデフレーターは、1998年度以降マイナスを続けており、デフレ経済の象徴の1つ。なお、国内の物価水準の判断には、GDPデフレーターよりも、原油や一次産品価格など価格の変動が激しい輸出入物価の影響を除いた国内需要デフレーターの方が適当な指標であるとする見方もある。

(本庄真 大和総研監査役 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デフレーター(deflator)

国民総支出などの経済量を異なった時点で比較するとき、その間の価格変動による影響を除いた実質値を割り出すために用いられる物価指数価格修正因子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

デフレーター【deflator】

経済学においては,しばしば国民総生産(GNP),消費,投資等の集計量が用いられる。これらの量については名目値と実質値が存在する。集計量でない一つの財,たとえばミカンについていえば,前者はミカンの〈価格×数量〉に,後者はミカンの〈数量〉に対応する。したがって前者を後者で割れば価格に等しい。集計量の場合についても,それに含まれる財のいわば平均の価格と数量に対応するものをそれぞれ一つの数値で近似的に表すと便利である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デフレーター【deflator】

物価指数の一。国民総生産などの経済量の異時点間にわたる比較をする際、基準時からの価格変動による影響を取り除くための指数。価格修正因子。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デフレーター
でふれーたー
deflator

ある経済量の金額表示の値を、時間的に、その数量だけの変動として比較できるように、その間の価格変動による影響を取り除いた数値に直すために用いられる価格指数のこと。いま、今年の家計の消費額を考えるとき、その金額自体は「名目値」である。この値を、たとえば5年前の値と比較しようとするとき、二つの数値の変化には、その両年次間における、物の実際の消費量の変化のほかに、価格の変化も含まれることになる。したがって、消費量の変化だけを比較するためには、今年の消費金額から、この5年間における価格の変化分を除去することが必要となる。それは、価格の上昇率つまりデフレーターで名目金額を割ることによって達成される。そうすることを「実質化」とよび、それによって得られた値は、名目値に対して「実質値」といわれる。
 このことを算式で示すと次のようになる。消費の対象となった物の量をQ、その価格をPとすると、現時点tにおける名目の消費金額はΣPtQtで表される。しかし、この値を、基準時点0における消費額ΣP0Q0と比較できるようにするためには、この数値を実質化してΣP0Qtに直さなければならない。そのためには、名目値ΣPtQtをΣPtQt/ΣP0Qtで割ればよい。この除数がデフレーターであり、これは現在時点の数量をウェイトとして用いた物価指数、すなわちパーシェ型の物価指数となる。
 ところで、国民所得などの総合的な数値に対するデフレーターの作成については、そこには多種多様の財貨・サービスが存在するため、それらのすべてについて現在時点の数量と基準時点の価格とを得ることは、統計資料上の制約からして困難である。そこで、それぞれの財貨・サービスの名目値とその物価指数とを用いて、先に国民所得などに対する実質値をつくってしまう。そのあとで、名目値をその実質値で割ることによって、総合的なデフレーターを求めることが行われている。このような手続で得られたデフレーターは、インプリシット・デフレーターimplicit deflatorとよばれている。[高島 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデフレーターの言及

【国内総生産・国民総生産】より

…特定の年次の価格に固定されたGDPの大きさを,〈(その年次)不変価格表示のGDP〉という。また,当年価格表示GDPを不変価格表示に変換するための変換定数のことをGDPデフレーターという。GDPデフレーターは,不変価格表示の基準年を100とする一種の物価指数であって,GDEの構成要素の金額構成比をウェイトとする各構成要素に関する物価指数の加重調和平均として定義される。…

※「デフレーター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デフレーターの関連情報