コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デボーリン Deborin, Abram Moiseevich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デボーリン
Deborin, Abram Moiseevich

[生]1881
[没]1963
ソ連哲学者,科学史家。ソ連科学アカデミー会員であった。哲学雑誌『マルクス主義の旗のもとに』編集責任者。 1920年代の唯物論哲学を指導し,機械論的唯物論を批判した。主著弁証法自然科学』 Dialektika i estestvoznanie (1928) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

デボーリン

ソ連のユダヤ系哲学者。初めメンシェビキ,革命後ソビエト政権に協力し,《マルクス主義の旗の下に》の編集責任者となる。1928年共産党入党。ブハーリン派批判などで活躍したが,1930年にメンシェビキ的観念論だとして攻撃され,以後は歴史研究に転じた。
→関連項目ミーチン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デボーリン【Abram Moiseevich Deborin】

1881‐1963
ソ連邦の哲学者,歴史家。本名ヨッフェIoffe。カウナスの貧しいユダヤ人の家に生まれ,労働者として働くうち,社会民主主義者となる。1903年に亡命し,プレハーノフの影響を受け,ベルン大学哲学部で学んだ。07年よりメンシェビキに属した。主著《弁証法的唯物論哲学入門》は15年に刊行された。十月革命後,ソビエト政権に協力し,赤色教授養成学校などでマルクス主義哲学を教えた。26年より哲学雑誌《マルクス主義の旗の下に》の編集長をつとめた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

デボーリン【Abram Moiseevich Deborin】

1881~1963) ソ連の哲学者。革命後、共産党に入党。「マルクス主義の旗の下に」誌の編集責任者。のち、スターリンによって観念論的傾向を批判された。著「弁証法的唯物論哲学入門」「弁証法と自然科学」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のデボーリンの言及

【マルクス主義】より

…イタリアのラブリオーラは,技術や経済のなかにのみ歴史の推進力を見いだす機械的決定論に反対し,主体的な階級意識の意義を強調する。ロシアのデボーリンはレーニンにならってヘーゲル研究に没頭し,哲学に対する諸科学の独立を主張した〈機械論者〉を批判して,個別科学に対する哲学の優位を論じた。そのことによってデボーリンは実践的立場への一歩を踏み出したのだが,のちにトロツキーの〈永続革命論〉の左翼的偏向に〈イデオロギー的基盤〉を与えるものとしてスターリンによって批判された。…

※「デボーリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デボーリンの関連キーワード井上 満

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android