コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デミング賞 デミングしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デミング賞
デミングしょう

日本工業界の品質管理の発展に貢献したアメリカの W.E.デミングの功績を記念して,日本科学技術連盟が設定した賞。品質管理の理論や普及,実践に成果をあげた個人,企業に贈るもので,1951年以来毎年1回選考委員会により選ばれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デミング‐しょう〔‐シヤウ〕【デミング賞】

《〈和〉Deming Prize》日本で工業製品の品質管理に功績のあった企業や個人に与えられる賞。第二次大戦後、日本で品質管理の指導を行った米国の品質管理の専門家デミング博士の功績をたたえ、昭和26年(1951)設けられた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

デミング賞

我が国の産業界の品質管理(QC)を向上させる目的で、品質管理面で優れた企業または個人に対し、年に1度授与される賞のこと。 第2次大戦後の1950年に来日し、品質管理の指導に務めたアメリカの統計学者W・E・デミングの名にちなんで、日本化学技術連盟が制定したもの。

出典|ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デミングしょう【デミング賞】

日本で品質管理を組織的に啓蒙・普及するのに貢献したアメリカの統計学者デミングWilliam Edwards Deming(1900‐93)を記念して設けられた品質管理に関する賞。デミングの著書の日本語訳の印税などを基金に,1951年に設立された。日本の品質管理の研究および普及に顕著な功績のあった個人に与えられる本賞と,品質管理の応用によって業績を向上させることに成功した企業に与えられる実施賞とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

デミングしょう【デミング賞】

日本で、工業製品の品質管理の向上に功績のあった個人や会社に与えられる賞。1951年(昭和26)創設。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デミング賞
でみんぐしょう
Deming prize

アメリカの統計学者デミングが日本産業の品質管理向上に残した功績を記念して、1951年(昭和26)に日本科学技術連盟(日科技連)によって制定された賞。品質管理に関する実務や理論に貢献した個人、および品質管理の水準がきわめて高く社会への貢献度の大きな企業に対し、毎年1回与えられる。デミングは1950年に来日し、統計的品質管理を日本に紹介した。[森本三男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デミング賞の関連情報