コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュフレノア デュフレノアDufrénoy, Georges Léon

2件 の用語解説(デュフレノアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュフレノア
Dufrénoy, Georges Léon

[生]1870.6.20. チエ
[没]1942. サルザンボージョレー
フランスの画家。アカデミージュリアンおよび D.ロージェのアトリエに学ぶ。 C.モネの印象主義に強く影響され,プロバンス地方やパリ,ウィーンシエナジェノバブリュッセルなどの風景を描く。 1910年ブリュッセルの万国博覧会に参加,12年シャトー・ド・プラディーヌにある大作『ピエタ』の制作に加わった。

デュフレノア
Dufrésnoy, Charles Alphonse

[生]1611. パリ
[没]1668.1.16. パリ近郊ビリエルベル
フランスの歴史画家,美術理論家。 S.ブーエの弟子。 21歳のときローマに行きラファエロや N.プーサンの作品を学び,1633年ベネチアにおもむきベネチア派の色彩に影響される。 56年パリに帰り,神話などを題材とする装飾画を制作。イタリア滞在中に書いたラテン語の詩"De arte graphica"は,フランスのアカデミー的古典主義の理論書で色彩の重要性を説いており,88年フランスで,95年イギリスで翻訳,出版され,17,18世紀の画家に影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デュフレノアの関連キーワード633美の里いの(町)吾北製糸業日本科学史奈破崙開拓使コッペリア文化闘争嘉納治兵衛(5代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone