デュフレノア(英語表記)Dufrénoy, Georges Léon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デュフレノア
Dufrénoy, Georges Léon

[生]1870.6.20. チエ
[没]1942. サルザンボージョレー
フランスの画家。アカデミー・ジュリアンおよび D.ロージェのアトリエに学ぶ。 C.モネの印象主義に強く影響され,プロバンス地方やパリ,ウィーンシエナジェノバブリュッセルなどの風景を描く。 1910年ブリュッセルの万国博覧会に参加,12年シャトー・ド・プラディーヌにある大作『ピエタ』の制作に加わった。

デュフレノア
Dufrésnoy, Charles Alphonse

[生]1611. パリ
[没]1668.1.16. パリ近郊ビリエルベル
フランスの歴史画家,美術理論家。 S.ブーエの弟子。 21歳のときローマに行きラファエロや N.プーサンの作品を学び,1633年ベネチアにおもむきベネチア派の色彩に影響される。 56年パリに帰り,神話などを題材とする装飾画を制作。イタリア滞在中に書いたラテン語の詩"De arte graphica"は,フランスのアカデミー的古典主義の理論書で色彩の重要性を説いており,88年フランスで,95年イギリスで翻訳,出版され,17,18世紀の画家に影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android