コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デルファイ法 デルファイほうDelphi method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デルファイ法
デルファイほう
Delphi method

アメリカのランド社が開発,1964年発表した技術予測手法。将来の科学技術の新製品がいつ頃出現し,産業構造や国民生活がどのように変るかを予測する手法として,官公庁,学会,シンク・タンクなどでしばしば用いられている。その方法は各分野の専門家アンケートによって意見を求め,これを集計した結果を,再びアンケートとして回答者に送り,その意見を集計する。このようにして数回にわたってアンケートの反復を行なって,専門家の意見の収斂,分散を調べて,これを予測の材料とする。なおデルファイとはギリシアデルフォイ神殿の神託にちなんで名づけられたもの。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

デルファイ‐ほう〔‐ハフ〕【デルファイ法】

Delphi technique》技術予測などに用いられる技法。多数の専門家や個人にアンケート調査を行い、その結果を回答者にフィードバックして、さらに予測を繰り返し、予測の正確度を上げながら、全体の答えや意見を絞っていく。デルフィー法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

デルファイ法【デルファイほう】

直観的手法による技術予測方法の一つ。予測すべき問題について多くの専門家にアンケートを行い,その集計結果を各回答者に知らせた上で再び各人に検討(少数意見については理由等を付記)を依頼。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

産学連携キーワード辞典の解説

デルファイ法

「デルファイ法」とは専門家がそれぞれ独自に意見を出し合い、相互参照を行って再び意見を出し合う、という作業を数回行い、意見を修練させていく方法。「デルファイ法」は将来起こりうる事象に関する予測を行う方法としてよく用いられる。

出典|(株)アヴィス産学連携キーワード辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

デルファイほう【デルファイ法】

専門家に繰り返しアンケートを行うことにより、未知の問題に対し確度の高い見通しを得る方法。未来予測に用いられる。 〔古代ギリシャ時代、神託地として栄えたデルフォイにちなむ〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のデルファイ法の言及

【技術予測】より


[直観的手法]
 人間の直観力をそのまま利用する方法で,予測手法としては最も原始的ではあるが,物理現象のように内的メカニズムが解明されていない技術予測においては,優れた個人の直観力が他の方法のどれよりも的確に将来を見通す場合も少なくない。この範疇(はんちゆう)の手法として一般的なものにブレーンストーミングbrain‐stormingやデルファイ法delphi techniqueがある。また空想科学小説も直観的予測の一角をなすといえよう。…

※「デルファイ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デルファイ法の関連キーワードdelphi techniqueブレーンストーミング問題解決法未来予測未来学確度

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デルファイ法の関連情報