コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・サンクティス デ・サンクティスDe Sanctis, Francesco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・サンクティス
De Sanctis, Francesco

[生]1817.3.28. モッライルピーナ
[没]1883.12.29. ナポリ
イタリアの文学史家,評論家。自由主義思想の愛国者としてフランスの支配に反抗し,ブルボン政庁に捕えられたが,のちチューリヒに亡命,同地の大学でイタリア文学を講じた。 1860年に帰国,独立期の文相 (1861~62) として教育改革を行い,71年以降はナポリ大学で比較文学を講じた。主著『ペトラルカ論』 Saggio critico sul Petrarca (69) ,『イタリア文学史』 Storia della letteratura italiana (2巻,70) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デ・サンクティスの関連キーワードデ・サンクティス(Francesco De Sanctis)ルッソ(Luigi Russo)エウジェニオ ドナドーニルイージ カプアーナ神経皮膚症候群サッケッティ3月28日カプアーナドナドーニアリオストムシェッタフローラダンテルッソ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android