コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーリー・ミラー デーリー・ミラーDaily Mirror

3件 の用語解説(デーリー・ミラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーリー・ミラー
デーリー・ミラー
Daily Mirror

イギリスの大衆日刊紙。 1903年,のちのノースクリフ卿によって婦人向けの新聞として創刊。売上げ不振のため写真を使ったタブロイド版に切換えた。その後経営者は代ったが,常に人間的興味や個人的側面に視点をおいたセンセーショナルな切り口をモットーにした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

デーリー・ミラー

英国の代表的大衆紙。1903年ノースクリッフが1ペニーの婦人向け新聞として創刊(ペニー・ペーパー),後に半ペニーの写真入り日刊紙に転向。娯楽性に富み,時事・政治問題を平明に表現し,中立系だが論調は保守党に批判的。
→関連項目タブロイド新聞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デーリー・ミラー
でーりーみらー
The Daily Mirror

イギリスの大衆日刊紙。1903年に、アルフレッド・ハームスワース(後のノースクリフ(きょう))が「淑女のための新聞」として、女性中心のスタッフのもとで創刊した。24ページに簡潔な一般ニュース、社交、流行、ゴシップ、音楽評等々を盛り込み、広告も豊富で、価格は1ペニー。しかし、当初は部数が伸びず、1904年に世界初の写真入り新聞に衣替えし、価格も半ペニーに値下げしてから伸張が著しかった。1910年には、棺(ひつぎ)に横たえられたエドワード7世の遺体を撮影し、初めての写真スクープをものにした。1914年、A・ハームスワースは同紙を弟のハロルドHarold Harmsworth(後のロザミア卿)に売却する。その後1950年には約460万部、1964年には約500万部を記録するなど大部数紙となった。センセーショナルなニュースで知られるが、第二次世界大戦中は、1934年から主筆となっていたハリー・ガイ・バーソロミューHarry Guy Bartholomew(1884―1962)の編集方針が受け入れられ、労働者大衆にもっとも読まれる新聞となった。1951年にハームスワース一族の一人であるセシル・キングCecil King(1901―1987)が経営を受け継いだが、1968年に労働党政権の首相ウィルソンの退陣を求める社説を載せたために批判を浴びて失脚した。その2年後にはリード・インターナショナルと合併したが、徐々に経営に陰りがみえはじめ、1984年には、チェコスロバキア生まれのメディア経営者ロバート・マクスウェルRobert Maxwell(1923―1991)に買収された。マクスウェルは1991年に自殺といわれる不審死を遂げ、低迷の続く『デーリー・ミラー』はライバルのルパート・マードック所有のタブロイド紙『サン』との部数競争によって紙面が低俗化した。1999年には新興の地方紙グループであるトリニティ(1985年創立)と合併し、トリニティ・ミラー・グループとなった。部数は2000年の227万部から2011年には119万部へ大幅に減少した。[橋本 直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デーリー・ミラーの関連キーワードプラット修正ロシア映画キュリーククルイニクスイ幸徳秋水ブライアンアクリーションマグマ・ストーピングイラーセクイリンデン蜂起

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーリー・ミラーの関連情報