コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥリーナ Turina, Joaquin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥリーナ
Turina, Joaquin

[生]1882.12.9. セビリア
[没]1949.1.14. マドリード
スペインのピアニスト,作曲家。マドリード音楽院でピアノを,パリのスコラ・カントールムで V.ダンディに作曲を学ぶ。印象主義的な手法とアンダルシアの地方色を交えたオペラ管弦楽曲,ピアノ曲などを作曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

トゥリーナ

1882年セビーリャに生まれる。ピアニスト、作曲家。アルベニス、グラナドスファリャといった20世紀代表スペイン音楽家の一人であった。エンリーケ・ロドリゲスにピアノを師事。ガルシーア・トーレスに和声を ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥリーナ
とぅりーな
Joaqun Turina
(1882―1949)

スペインの作曲家。生地セビーリャ、ついでマドリードで音楽教育を受けたのち、パリに留学(1905~14)、ピアノをモシュコフスキーに、作曲をスコラ・カントルムでダンディに師事。パリ滞在中には、アルベニス、ファリャ、ドビュッシー、ラベル、デュカース、フロラン・シュミットらと親交を深め、影響を受ける。帰国後は、指揮者、ピアニスト、教育者としても活躍。ファリャに次ぐ20世紀スペイン民族楽派の作曲家として、アンダルシアの民俗音楽と近代フランス音楽の技法とを融合した、民族色豊かな作風を確立した。マドリードに没。代表作に、交響詩『ロシーオ祭の行列』(1912)、『セビーリャ交響曲』(1920)、ソプラノと管弦楽のための『セビーリャに寄せる歌』(1927)などがある。[寺田兼文]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トゥリーナの関連キーワード12月9日国民楽派

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android