コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカンティンス川 トカンティンスがわRio Tocantins

2件 の用語解説(トカンティンス川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカンティンス川
トカンティンスがわ
Rio Tocantins

ブラジル中北部を流れる川。首都ブラジリア周辺のブラジル高原に源を発するアルマス,マラニャンなどの川が集ってトカンティンス川となり,トカンティンス州を北流したのち,マラニャン州との州境をなしながら西へ流れを転じる。左岸に大支流アラグアイア川を受けるとともにパラ州に入り,再び北流してパラ川に合流,ベレンを経て大西洋へ注ぐ。パラ川によってアマゾン川最下流部と結ばれるため,アマゾン水系に含められることが多い。全長約 2700kmであるが,流路には滝や急流部が多く,航行にはほとんど利用されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トカンティンス川
とかんてぃんすがわ
Rio Tocantins

南アメリカ、ブラジル北部の川。ブラジル高原中央部を源流とし、北流してアマゾン川河口の南方でパラ川に合流する。本流の長さは約2200キロメートル。パラ川との合流点より上流約450キロメートル、マラバ付近で、本流より100キロメートルほど長い支流アラグアイア川が合流する。マラバより下流200キロメートル、ツクルイまでの区間は上・下流の河川交通を二分する滝と早瀬の地帯をなす。ツクルイには1984年発電用の大規模なダムが完成した。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone