コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガサワラ Pseudotsuga japonica (Shirasawa) Beissn.

世界大百科事典 第2版の解説

トガサワラ【Pseudotsuga japonica (Shirasawa) Beissn.】

モミに似た針葉をもつ日本固有のマツ科の常緑高木で,深山に生え,量は多くない。高さ40m,直径1mに達し,幹の樹皮は暗褐色で,縦に裂け,鱗片状に剝げる。太枝は横に張って円錐形樹冠をつくり,一年生枝は淡黄色。針葉は線形でその落ちた跡(葉枕(ようちん))は枝面に少し隆起している。4月に前年の枝に腋生(えきせい)の雄花が群がってつき,雌球花は前年枝の先端につく。10月ごろ卵形で長さ4~6cmの木質黄褐色の球果が熟して下向きにつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トガサワラ
とがさわら / 栂椹
Japanese douglas fir
[学]Pseudotsuga japonica Beiss.

マツ科の常緑針葉高木。大きいものは高さ40メートル、径1.5メートルに達する。広い扁平(へんぺい)または広円錐(えんすい)形の樹冠をなす。樹皮は灰褐色で厚く、縦に裂け、薄い鱗片(りんぺん)となってはげ落ちる。葉はほぼ2列に並び、線形で長さ2~2.5センチメートル、上面は青緑色、下面は白みを帯びてやや湾曲し、葉の形はツガとモミの中間形をなす。葉枕(ようちん)はない。雌雄同株。4月に開花する。雄花は楕円(だえん)形で、前年の小枝に群生し、黄色の花粉を出す。雌花は前年の小枝の先に上向きに開き、淡紅色。球果は垂れ下がり、卵形または円柱状卵形で長さ4~6センチメートル、幅2~2.5センチメートル。10月ころ、黒紫褐色に熟し、多少白粉をかぶる。種鱗は10個ほどが円形をなす。包鱗は種鱗より長く外に出て、その先端は3裂する。種子は三角形で翼がある。紀伊半島、高知県東部の深山にややまれに生える。材は粗く、軽くて柔らかく、工作容易で、建築、器具、土木、船舶、桶(おけ)などに利用する。類似種アメリカマツは木材名ベイマツ(米松)として、日本に多く輸入される。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トガサワラの関連キーワード奈良県吉野郡川上村神之谷川上(村)(奈良県)トガサワラ(栂椹)奈良県吉野郡川上村古座川県立自然公園アメリカクロクマオレゴンパインパイン(材)バルサムノキ植物区系セコイアベイマツ針葉樹川上村弥栄米松

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トガサワラの関連情報