コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トチバニンジン(栃葉人参) トチバニンジンPanax japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トチバニンジン(栃葉人参)
トチバニンジン
Panax japonicus

ウコギ科の多年草。チクセツニンジンともいう。日本特産で各地の山地の木陰に生える。地下茎は太く横にはい,タケの節に似た結節をもつ。茎は地下茎の先端から1本出て直立し,茎頂に3~5枚の葉を輪生する。葉は3~7枚の小葉から成る掌状複葉で柄がある。夏に,茎の先端から長い花茎を出し,その先端に1~4個の散形花序を出す。各花序には5弁の小さな白色花が多数つく。果実は球形で赤く熟する。チョウセンニンジン (朝鮮人参) とは同属の近縁種で,その代用品として薬用にされる。和名は葉がトチノキに似ていることにより,別名は根茎がタケの節のようであることによる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トチバニンジン(栃葉人参)の関連キーワードチョウセンニンジン(朝鮮人参)ウコギ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android