コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トックリバチ(徳利蜂) トックリバチpotter wasp

世界大百科事典 第2版の解説

トックリバチ【トックリバチ(徳利蜂) potter wasp】

膜翅目ドロバチ科の昆虫。ミカドトックリバチともいう。体は黒色で黄斑がある。腹柄は細く,飛ぶときに腹部を曲げる。日本全国に分布し,泥を用いて,岩の平面や草の茎などに徳利形の巣をつくる。この巣が人の目をひいて,古くからトックリバチといわれた。ガの幼虫を狩って,巣の中に蓄えて幼虫の餌にする。近縁種には,キアシトックリバチE.rubrofemoratus,サムライトックリバチE.samuray,キボシトックリバチE.fraterculus(イラスト),スズバチOreumenes decorataなどが日本に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android