コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トックリバチ(徳利蜂) トックリバチpotter wasp

世界大百科事典 第2版の解説

トックリバチ【トックリバチ(徳利蜂) potter wasp】

膜翅目ドロバチ科の昆虫。ミカドトックリバチともいう。体は黒色で黄斑がある。腹柄は細く,飛ぶときに腹部を曲げる。日本全国に分布し,泥を用いて,岩の平面や草の茎などに徳利形の巣をつくる。この巣が人の目をひいて,古くからトックリバチといわれた。ガの幼虫を狩って,巣の中に蓄えて幼虫の餌にする。近縁種には,キアシトックリバチE.rubrofemoratus,サムライトックリバチE.samuray,キボシトックリバチE.fraterculus(イラスト),スズバチOreumenes decorataなどが日本に分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android