トック(読み)とっく

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

トック【(朝鮮)】

朝鮮の食材の一つで、の一種。様々な穀物が用いられるがうるち米のものが代表的で、特に、うるち米を用いた棒状のものをさすことが多い。直径1cmほどで長さ5~6cmに切ったものが「トッポッキ」に用いられるほか、なるとくらいの太さのものを斜めに薄く切って、炒め物・煮物・鍋料理などに広く用いる。うるち米を用いたものはもち米の餅のようにのびず、味がしみやすく煮くずれしない。

トック【(朝鮮)】

朝鮮料理の一つで、うるち米で作る朝鮮の棒状の餅「トック」を斜めに薄く切り、種々の具材とともにスープで煮た、雑煮に似た料理。正月などに食べる。◇日本では、餅も料理名も「トック」というが、料理名は餅の「トック」に「汁」の意の「ク」がついたもので、餅の入った汁の意。発音は餅は「トッ」、料理名は「トククッ」に近い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のトックの言及

【餅】より

…酥餅は膨剤を加えてもろく焼いたもので月餅もこの類であり,餅類は全部点心の類である。【田中 静一】
[朝鮮]
 朝鮮語ではトックttŏkと総称し,餅,片とも書き表す。冠婚葬祭はもちろん,ちょっとした喜びごとでも餅を作って祝って食べるのがならわしである。…

※「トック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android