コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビウサギ トビウサギ Pedetes capensis; springhare

2件 の用語解説(トビウサギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビウサギ
トビウサギ
Pedetes capensis; springhare

齧歯目トビウサギ科。カンガルーに似た体形をもつ体長 40cm内外の動物。尾でバランスをとり,強い後肢でジャンプし,ひととびが 5mをこえる。乾燥した荒れ地に生息し,土中に穴を掘り,昼間はおもにその中にひそむ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビウサギ
とびうさぎ / 跳兎
spring hare
[学]Pedetes capensis

哺乳(ほにゅう)綱齧歯(げっし)目トビウサギ科の動物。南アフリカの開けた乾燥地帯に生息する。体長35~45センチメートル、尾長37~47センチメートル。体色は背側が黄褐色、腹側が黄白色で、尾の先端は黒色。姿はカンガルーに似て、前肢は短く、後肢は極端に長く頑丈である。耳介は長さ8センチメートルに達する。地中に複雑な巣穴を掘って、単独または家族群ですむ。数か所ある入口は内部からふさぐ。日中は巣穴に潜み、夜間外に出て、カンガルーのように後肢を使う巧みな走行と、一跳び8メートルに達する跳躍で一夜に数キロメートル、ときに30キロメートルも走り回り、球根、根、穀物、昆虫などを食べ、水を飲む。夕方巣穴から出る際には、しばしば突然空中にジャンプで飛び出し、入口で待ち伏せる敵をかわす。繁殖は年1回、1産1~2子である。[今泉吉晴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トビウサギの関連キーワード跳兎・跳兔鼠カンガルー跳兎NOVAうさぎアカトビウオアヤトビウオウサギ(兎)トビウサギ(跳兎)ナキウサギ(鳴兎)ネズミカンガルー