コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビー Tobey, Mark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トビー
Tobey, Mark

[生]1890.12.1. ウィスコンシン,センタービル
[没]1976.4.24. バーゼル
アメリカの画家。独学で絵を学び,初めニューヨークでイラストレーターとなる。 1922年シアトルに移住,当地の中国人画家から書を学ぶ。 25~27年フランス,ギリシア,中近東を旅行。 34年中国,日本に滞在して書道を学び,その体験を絵画に取入れて,35年画面全体をカリグラフィーで埋めつくしたような「ホワイト・ライティング」と称する抽象表現を試みた。東洋の宗教などにも強い興味を示し,ペルシアのバハイズムや日本の禅に傾倒した。代表作ブロードウェー』 (1935,ニューヨーク近代美術館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トビー
とびー
Mark Tobey
(1890―1976)

アメリカの抽象画家。ウィスコンシン州に生まれ、シカゴで学ぶ。初めコマーシャル美術の仕事をしていたが、1918年からバハイ教に入信し、34年(昭和9)の日本旅行で書の美にひかれて以来、ホワイト・ライティングとよばれる深秘的な宗教思想につながる抽象絵画を開発した。シアトルに60年まで住み、晩年はスイスのバーゼルで過ごした。遠近法に支配された西欧の立体空間とフォルムを否定し、跳ねるような線を使って深秘の光が遍在するイメージをとらえようとした。錯綜(さくそう)する線の無限連続はバハイ信仰と禅に由来しており、ニューヨークの抽象表現主義の先駆的位置を占める孤高の存在であった。[桑原住雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トビーの関連キーワードシューマッハー(Emil Schumacher)オレたち、ゆる刑事 ジャック&ケイトさらば映画の友よ インディアンサマープリトビー・ラージ・ラーソー007ダイ・アナザー・デイファンタスティック・フォーティモテ・ド フォンベル広島県尾道市瀬戸田町垂水福井県坂井市三国町米ケ脇サイダーハウス・ルールチャンド・バルダーイー月夜野クラフトビールジェームズ オティス福井県坂井市三国町宿ローカストビーンガムスペースバンパイアウィットビー修道院インフュージョン法ワンダー・ボーイズ熊本クラフトビール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トビーの関連情報