コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トベラ科 トベラかPittosporaceae

1件 の用語解説(トベラ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トベラ科
トベラか
Pittosporaceae

双子葉植物バラ目の1科。熱帯アフリカ東南アジア太平洋地域に9属約 200種がある。トベラPittosporum以外の諸属はすべてオーストラリアに固有である。いずれも常緑の小高木ないし低木,まれにつる植物もある。葉は互生し,単純形で全縁,革質で光沢がある。花は5数性の両性花で放射相称形,機能的には雌雄の単性花となっているものも多い。果実は2~3室の多肉の蒴果または液果状で,熟して裂開し,種子は粘性の強いパルプ質に包まれるのが普通である。日本列島から台湾,中国南部,ハワイ小笠原などにトベラ属の諸種が分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone