トマホーク(英語表記)Tomahawk

翻訳|tomahawk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマホーク
Tomahawk

アメリカのゼネラル・ダイナミックスが開発した,海洋発射巡航ミサイル SLCM。攻撃型原子力潜水艦の魚雷発射管あるいは巡洋艦,駆逐艦の艦上から発射される。発射直後は慣性誘導で飛行し,途中からは地形照合誘導 TERCOMで地上 50m以下という低空を飛行するため,迎撃は非常に困難である。トマホーク BGM-109の主要目は,全長 6.4m,直径 53cm,重量約 1200kg。射程は用途によって異なり,A型は核弾頭地上攻撃型で射程 2500km。B型は通常弾頭対艦攻撃型で射程 460km。このB型のみ TERCOMに代ってレーダ端末誘導方式。C型は通常弾頭地上攻撃型で射程 1300km。目標に接近するとデジタル情景照合装置で目標をさらに確認する。湾岸戦争では 297発のトマホークが発射され,282発が目標に命中,迎撃されたミサイルは6発以下という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トマホーク(tomahawk)

北米インディアンの武器。棍棒(こんぼう)に球形の石塊や金属製の斧(おの)をつけたもの。
米海軍の中距離巡航ミサイル。核弾頭装備の戦略型と、通常弾頭装備の戦術型とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トマホーク

米国東部のアルゴンキン系インディアンの間で使用された投・打用の武器。石製のついた手斧(ておの)型が最も特徴的。骨製の刃もあり,16世紀以後は鉄製の刃も導入された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トマホーク

〘名〙 (tomahawk)
① 北米インディアンの武器。棍棒(こんぼう)に球形の石塊や金属性の斧(おの)をつけたもの。〔外来語辞典(1914)〕
② 米海軍の中距離巡航ミサイルの名。核弾頭装備の戦略型と、通常弾頭装備の戦術型とがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のトマホークの言及

【闘斧】より

…ただし中国の闘斧も,男性の墓の副葬品となる。このほかに闘斧としては,アメリカ・インディアンのトマホークが有名で,実用であるとともに儀式用ともなる。日本には本格的な専用の闘斧はなかった。…

※「トマホーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トマホークの関連情報