慣性誘導(読み)かんせいゆうどう(英語表記)inertial guidance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慣性誘導
かんせいゆうどう
inertial guidance

ロケットや宇宙機の加速度ベクトルを検出し,それを積分して速度および位置ベクトルを求め,そのデータを既知の速度や現在位置と合せてあらかじめ定められた方向や高度,すなわち飛行軌道に乗せるよう制御すること。近代的な方式では,セットになった3つのジャイロスコープコンピュータが基本的な装置である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

慣性誘導【かんせいゆうどう】

外部から指令を受けず,内蔵する装置だけで自己の進路を定めていくミサイル誘導方式。飛行中絶えず前後,左右,上下の3軸について加速度を精密に測定し,これをコンピューターで積分して速度を求め,さらに積分して飛行経路を算出する。これを予定経路と比較し,誤差があれば制御機構により修正の推進制御を行う。加速度計は,精巧なジャイロスコープを用いた安定台に取り付けられ,飛行体がどのように姿勢,位置を変えても,定方向の加速度を測れるようになっている。精度は経過時間にのみ関係し,電波誘導のように遠距離での精度低下がなく,敵からの妨害も受けないなどの利点があり,長距離の弾道ミサイルに向く。誤差は射程1万kmで3km程度という。この原理は宇宙船の誘導にも用いられている。なお航空機や原子力潜水艦の慣性航法も同様の原理による。
→関連項目巡航ミサイルタイタン大陸間弾道ミサイルポセイドンポラリスミニットマン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんせい‐ゆうどう クヮンセイイウダウ【慣性誘導】

〘名〙 ミサイルの誘導方式の一つ。ジャイロと加速度計によって慣性の加速度を測定して、速度、飛行距離を算出し、弾道の誤差を自動的に修正するもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の慣性誘導の言及

【慣性航法】より

…従来の天体測定による航法,あるいは地上局からの電波による航法と異なり,外部からの援助を必要としないので,悪天候,電波障害などの外界の影響を受けることなく,短時間に現在位置を含む種々の航法諸元を算出表示することができ,慣性航法装置を装備した航空機では航空士を必要としない。現在,慣性航法は航空機をはじめ潜水艦などの船でも利用されているほか,その原理はロケット,ミサイル,宇宙船の誘導(慣性誘導)にも用いられ,また自動車への利用も図られている。
[慣性航法の原理]
 慣性航法において自分の位置を知るのに利用されているのは,外力が作用しない限り物体はその運動(静止を含めて)の状態を保ち続けるという運動の第1法則と,運動状態が変化するときは外力に比例した加速度を生じ,その方向は外力と一致するという第2法則である。…

※「慣性誘導」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android