コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマール トマール Tomar

3件 の用語解説(トマールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマール
トマール
Tomar

ポルトガル中部,サンタレン県の都市。リスボンの北東約 130km,ゼゼレ川の支流ナバン川沿岸に位置する。オリーブ油ワイン,果実,野菜などを産出。森林資源にも恵まれている。神殿騎士修道会の城跡を起源とし,のちにキリスト騎士修道会が増築した修道院は,1983年世界遺産文化遺産に登録。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トマール(Tomar)

ポルトガル中西部の都市。ナバオン川沿いに位置する。ポルトガル王アフォンソ1世が、イスラム教徒との戦いに貢献したテンプル騎士団に土地を与えたことに起源する。12世紀に建造されたキリスト修道院は、1983年に世界遺産(文化遺産)に登録された。4年に1度、7月に催されるタブレイロスの祭りが有名。トマル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トマール

ポルトガル,首都リスボンの北145kmにある町。12世紀に十字軍に参加したテンプル騎士団がこの地をイスラム教徒から奪回して町を建設。国土回復戦争レコンキスタ)の象徴として建設が始められた修道院は16世紀に完成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

トマールの関連キーワードケリマネフランクフルトマフラレイリアコインブラ旧大聖堂コニンブリガシントラ宮殿ピニャオンレイリア城レイリア大聖堂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トマールの関連情報