コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマ Thomas

翻訳|Thomas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマ
Thomas

12世紀後半のアングロ=ノルマンの物語作者。その『トリスタン』 Tristan (1172~76頃) は,ベルールの作と比べて宮廷風に洗練されている。 (→トリスタンとイズー )  

トマ
Thomas, Albert

[生]1878.6.16. シャンピニーシュルマルヌ
[没]1932.5.7. パリ
フランスの政治家,歴史家。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) を卒業後奨学金を得てロシア,地中海東岸,ドイツに旅行し,労働者階級史を研究。 1904年に『ユマニテ』紙の編集に協力し,10年に社会党代議士となり,第1次世界大戦中は無任所相,軍需相として活躍した。 17年に帝政ロシアが崩壊するや,レニングラードに向い,ケレンスキー政府に協力。 19年から国際連盟の国際労働機構事務局長に就任した。主著『ドイツのサンディカリズム』 Le Syndicalisme allemand (1903) 。

トマ
Thomas, Charles Louis Ambroise

[生]1811.8.5. メッツ
[没]1896.2.12. パリ
フランスの作曲家。パリ音楽院に学び,1832年カンタータ『エルマンとケティ』 Herman et Kettyでローマ大賞を獲得し,イタリア,ウィーンを回って 36年パリに戻り,オペラを中心に作曲活動を始めた。 51年パリ音楽院教授,71年同院長。 C.グノーとともにフランスのリリック・オペラの代表者とされる。代表作ミニヨン』 Mignon (1866) ,『ハムレット』 Hamlet (68) など。

トマ
Thomas, Henri (Joseph Marie)

[生]1912.12.7. ボージュ,アングルモン
[没]1993.11.5. パリ
フランスの詩人,小説家,翻訳家。イギリスやアメリカの大学の教授,講師として長く海外に滞在。凝った文体で孤独と静寂の生活を描き,神秘的な詩情をたたえた小説『ロンドンの夜』 La Nuit de Londres (1956) ,『岬』 Le Promontoire (61,フェミナ賞) ,詩集『盲人の業』 Travaux d'aveugle (41) ,評論集『宝捜し』 La Chasse aux trésors (61) などのほか,シェークスピア,ゲーテ,メルビル,プーシキンの翻訳がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

トマ

生年月日:1878年6月16日
フランスの政治家,歴史家
1932年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

トマの関連キーワードゴットフリート・フォン・シュトラスブルクアガサ・クリスティーの奥さまは名探偵サッポロ一番 きらめきの一杯クリスティーヌ・ド・ピザンパディントン発4時50分ボアロー・ナルスジャックパリ・オペラ・コミック座トリスタンとイゾルデモーリス ブランショランブイエ侯爵夫人ジャン コクトーアミアン大聖堂21世紀の資本G. レーニエフモール修道院悪魔のような女パリ国立音楽院ゼロ時間の謎親指のうずきフォントネル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トマの関連情報