コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トモエガ トモエガ Speiredonia retorta

4件 の用語解説(トモエガの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トモエガ
トモエガ
Speiredonia retorta

鱗翅目ヤガ科。前翅長 30mm内外。褐色のガで,前翅表に大きな渦状の眼状紋があり,それが巴の紋に似ていることからその名がある。前後翅ともに翅の外縁に平行の波状横帯があり,雄では褐色の濃淡であるが雌では明瞭な縞模様となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トモエガ

鱗翅(りんし)目ヤガ科の1種。開張60mm内外。夏型は暗褐色。前翅に巴(ともえ)状の紋があるが,雌は雄より地色が淡色で紋が明瞭。春型は雄雌ともに赤褐色,紋がはっきりしない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トモエガ

鱗翅目ヤガ科Spirama属の昆虫の総称。やや大型のガで,前翅中央にある顕著な渦巻状の紋を巴(ともえ)模様に見たてたもの。東南アジアの熱帯に分布し,開張約5.5~7cm。一般に雄は暗色であるが,雌では数本の緑褐色の条線で彩られ,裏面は朱色である。日本にはオスグロトモエS.retortaとハグルマトモエS.helicinaの2種が分布し,ともに北海道を除く本土にふつう。幼虫はネムノキの葉を食べる。雌雄の差異のほか,この属のガは,5,6月に現れる1化の個体と,夏秋に現れる2化の個体では斑紋に相当な相違があり,とくにオスグロトモエの1化の個体では雌雄ともに明るい緑褐色を呈し,巴状紋を欠いていて,アカイロトモエと呼ばれたこともある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トモエガ
ともえが / 巴蛾
[学]Spirama retorta

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。別名オスグロトモエ。はねの開張65ミリ内外の大形種。顕著な季節型と雌雄異形を生ずることで知られる。年三化性で、二化以降の夏のガでは前翅表面に大きなともえ紋が現れ、雄では黒褐色、雌では赤褐色で、波形をした多数の横線をもつ。春に出る一化のガは、雌雄の差異はほとんどなく、前翅のともえ状の紋はほとんど消失し、痕跡(こんせき)をとどめる程度である。幼虫はネムノキの葉を食べる夜行性で、シャクトリムシ状である。昼間は樹幹の低い所に多数集まっている。本種の季節的二型は、長らく別種として扱われていたが、幼虫の飼育によって同一種であることが証明された。東南アジアにも広く分布し、日本では青森県が分布の北限である。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トモエガの関連キーワード根切虫蝙蝠蛾尺蛾毒蛾虎蛾夜蛾ヤガ(夜蛾)コバネガ(小翅蛾)シャクガ(尺蛾)メイガ(螟蛾)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トモエガの関連情報