コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トモエガ Speiredonia retorta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トモエガ
Speiredonia retorta

鱗翅目ヤガ科。前翅長 30mm内外。褐色のガで,前翅表に大きな渦状眼状紋があり,それが巴のに似ていることからその名がある。前後翅ともに翅の外縁平行の波状横帯があり,雄では褐色の濃淡であるがでは明瞭な縞模様となっている。腹部には赤色部があり,特に雌では著しい。幼虫ネムノキの葉を食べる。蛹で越冬し,成虫は年2回出現する。北海道,本州,四国,九州,奄美大島,朝鮮,中国,ミャンマー,インド,スリランカなどに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トモエガ

鱗翅(りんし)目ヤガ科の1種。開張60mm内外。夏型は暗褐色。前翅に巴(ともえ)状の紋があるが,雌は雄より地色淡色で紋が明瞭。春型は雄雌ともに赤褐色,紋がはっきりしない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トモエガ

鱗翅目ヤガ科Spirama属の昆虫の総称。やや大型のガで,前翅中央にある顕著な渦巻状の紋を巴(ともえ)模様に見たてたもの。東南アジアの熱帯に分布し,開張約5.5~7cm。一般に雄は暗色であるが,雌では数本の緑褐色の条線で彩られ,裏面は朱色である。日本にはオスグロトモエS.retortaとハグルマトモエS.helicinaの2種が分布し,ともに北海道を除く本土にふつう。幼虫はネムノキの葉を食べる。雌雄の差異のほか,この属のガは,5,6月に現れる1化の個体と,夏秋に現れる2化の個体では斑紋に相当な相違があり,とくにオスグロトモエの1化の個体では雌雄ともに明るい緑褐色を呈し,巴状紋を欠いていて,アカイロトモエと呼ばれたこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トモエガ
ともえが / 巴蛾
[学]Spirama retorta

昆虫綱鱗翅(りんし)目ヤガ科に属するガ。別名オスグロトモエ。はねの開張65ミリ内外の大形種。顕著な季節型と雌雄異形を生ずることで知られる。年三化性で、二化以降の夏のガでは前翅表面に大きなともえ紋が現れ、雄では黒褐色、雌では赤褐色で、波形をした多数の横線をもつ。春に出る一化のガは、雌雄の差異はほとんどなく、前翅のともえ状の紋はほとんど消失し、痕跡(こんせき)をとどめる程度である。幼虫はネムノキの葉を食べる夜行性で、シャクトリムシ状である。昼間は樹幹の低い所に多数集まっている。本種の季節的二型は、長らく別種として扱われていたが、幼虫の飼育によって同一種であることが証明された。東南アジアにも広く分布し、日本では青森県が分布の北限である。[杉 繁郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トモエガの関連キーワード小野湖カモ䳑鴨

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android