コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラノオシダ

百科事典マイペディアの解説

トラノオシダ

チャセンシダ科の常緑シダ。おもに本州〜九州の,路傍や崖のふちなどに多い。アジアの温帯〜暖帯に広く分布。小さい地下茎から葉が集まって立ち,高さ10〜40cm,葉柄は短く,濃褐色のすじがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トラノオシダ【Asplenium incisum Thunb.】

低地の路傍や山野にごくふつうのチャセンシダ科の常緑性小シダ。葉が虎の尾のようにみえることから和名がつけられた。根茎は短く斜上し,高さ10~30cmの葉を数枚叢生(そうせい)する。胞子囊をつける葉は直立して高く,つけない葉は低くひろがって根生葉のようにみえるが,はっきりした2形性とはならない。葉柄は表側が緑色で背面側が褐色になることが多く,基部披針形黒褐色で格子状になる鱗片をつける。羽片深裂から羽状中裂となり,長さ1~2cm,基部で6~12mmの広さとなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラノオシダ
とらのおしだ / 虎尾羊歯
[学]Asplenium incisum Thunb.

チャセンシダ科の常緑性シダ。根茎は短く斜上する。葉は束生し、1回羽状の葉身がトラの尾に似ているところからこの名がある。胞子嚢(のう)群をつける葉は、他の葉より高く直立する。全国に分布し、都市内の庭や路傍の石垣などにも生える。[栗田子郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラノオシダの関連キーワード茶筅羊歯男女群島低地

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android