コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラノオシダ

3件 の用語解説(トラノオシダの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トラノオシダ

チャセンシダ科の常緑シダ。おもに本州〜九州の,路傍や崖のふちなどに多い。アジアの温帯〜暖帯に広く分布。小さい地下茎から葉が集まって立ち,高さ10〜40cm,葉柄は短く,濃褐色のすじがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トラノオシダ【Asplenium incisum Thunb.】

低地の路傍や山野にごくふつうのチャセンシダ科の常緑性小シダ。葉が虎の尾のようにみえることから和名がつけられた。根茎は短く斜上し,高さ10~30cmの葉を数枚叢生(そうせい)する。胞子囊をつける葉は直立して高く,つけない葉は低くひろがって根生葉のようにみえるが,はっきりした2形性とはならない。葉柄は表側が緑色で背面側が褐色になることが多く,基部に披針形,黒褐色で格子状になる鱗片をつける。羽片は深裂から羽状中裂となり,長さ1~2cm,基部で6~12mmの広さとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラノオシダ
とらのおしだ / 虎尾羊歯
[学]Asplenium incisum Thunb.

チャセンシダ科の常緑性シダ。根茎は短く斜上する。葉は束生し、1回羽状の葉身がトラの尾に似ているところからこの名がある。胞子嚢(のう)群をつける葉は、他の葉より高く直立する。全国に分布し、都市内の庭や路傍の石垣などにも生える。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラノオシダの関連キーワード音信不通社線茶筅切り茶筅師茶筅羊歯茶筅立て虎の尾羊歯路傍の人茶筅内国普通法人

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone