コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリコット tricot

翻訳|tricot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリコット
tricot

メリヤス製品のうちの経編みメリヤスのこと。語源は編物の意のフランス語トリコ tricot。緯編みメリヤスが,成型編みができて伸縮性があるものの,着くずれがしたり,糸の一端を引くとどこまでもほどけるという欠点があるのに対し,トリコットに使う経編みメリヤスにはこの欠点がなく,比較的緻密な組織をつくることができ,デザインも変化に富むので高級品とされている。トリコットのうち一重トリコットは綿糸や毛糸を用いて裏を軽く起毛している。マフラーなどに最適。ダブルトリコットは2組の経糸を使って厚みをもち,高級肌着やマフラー,手袋などに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

トリコット(tricot)

トリコット機で編まれた縦編みのメリヤス地。肌合いが柔らかく伸縮性がある。下着から外衣まで広く利用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

トリコット

メリヤスの一種。経(たて)糸が相互にからんでほつれにくく,地が密で,透し模様など変化ある編み方ができる。毛,綿,化繊,合繊によるものがあり,下着,靴下,手袋,セーターなど用途が広い。
→関連項目足利[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリコット【tricot】

本来,編物のすべてを意味するが,日本ではニット編地の一つであるトリコット編機で編んだ編物の二重デンビ編のことをいう。ワイシャツ,女性用各種下着,外衣,靴下,上質の手袋などに用いられている。ニットには大別して経(たて)メリヤス(トリコット,ラッセル,ミラニーズ)と緯(よこ)メリヤス(横編ニット,丸編ニット)の2種がある。トリコット編地の編成される経メリヤスは,縦方向に垂直に植えられた針により,経糸どうしの連鎖によって編目が形成される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

トリコット【tricot】

たてメリヤスといわれる細い畝うねのある編み地。弾力・伸縮性があり、ほつれにくい。肌着・シャツ・靴下などに広く利用される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリコット
とりこっと
tricot

(たて)メリヤス機の一種であるトリコット機で編んだ経編みの生地(きじ)、あるいはその編機をさす。また、トリコットは編むという意味のフランス語tricoterから出ているので、編物一般をさすことがある。緯(よこ)メリヤスのようにほどけやすい欠点がなく、繊細緻密(ちみつ)な地合いから、レースのような透かし目のものまで、変化のある編み目ができるのが特徴である。外衣用のほか、肌着、靴下など伸縮性を要求される衣料に広く利用される。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリコットの関連キーワードブルーネル(Sir Marc Isambard Brunel)ジャージー(メリヤス)ニジニー・ノブゴロドチュール(生地)シンフェロポリクレメンチュグアセテート繊維ウリュピンスクティッシュ加工ストッキングメリヤス編機伊勢崎[市]ペティコート足利(市)ムイチシチレスリングメリヤス機スムガイトハリコフキュプラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トリコットの関連情報