コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレビの泉 トレビノイズミ

デジタル大辞泉の解説

トレビ‐の‐いずみ〔‐いづみ〕【トレビの泉】

Fontana di Trevi》ローマ中心部付近にある噴水。ローマ神話の海神ネプトゥーヌスを中心にローマ神話の神々の像が配置されており、背後にはポーリ宮殿が建つ。後ろ向きにコインを投げ入れると願いが叶うという言い伝えがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トレビの泉【トレビのいずみ】

イタリア,ローマにあるバロック時代噴水。市内に点在する噴水でも最大規模を誇り,後ろ向きにコインを投げ入れると再びローマに来ることができるという伝説で知られ,世界中から観光客を集めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界遺産情報の解説

トレビの泉

後ろ向きにコインを投げ入れ、に入れば再びローマに訪れることができるといわれるトレビの泉。清らかな水が満ちており、噴水から絶えることなく水が流れ落ちています。教皇クレメンティウス12世の命によって、1762年に完成しました。泉の後ろの宮殿をデザインに取り込み、中央には二人のトリトーネが引く馬と海神ネプチューンの彫像がたたずむ、ダイナミックな構造になっています。ローマ市から数キロ離れたトレビ地区を水源とするアグリッパの水道により、良質の水が供給されています。

出典|KNT近畿日本ツーリスト(株)世界遺産情報について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレビのいずみ【トレビの泉 Fontana di Trevi】

ローマの観光名所として知られる,バロック様式の噴水のある泉。トレビの名は泉の前の広場に3本の街路が集まることに由来。前19年C.アグリッパが市郊外約20kmの水源から水を引いて創設し,ローマ時代にはアクア・ウェルギネAcqua Vergineと呼ばれた。現在の噴水は,1732年,競技設計の末サルビNicolà Salvi(1697‐1751)の案にもとづいて起工,62年に完成した。重厚な凱旋門を背景として中央にオケアノスの巨像を配する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トレビのいずみ【トレビの泉】

イタリアのローマ市内にある泉。ここに硬貨を投げ入れると願いがかなうという。観光名所。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

トレビのいずみ【トレビの泉】

イタリアの首都ローマ市街のトレビ広場にある噴水で、ローマの代表的な観光名所の一つ。もともとは、ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスが建設したものである。◇現在のバロック様式のトレビの泉は、18世紀にローマの建築家ニッコロ・サルヴィ(Niccolo Salvi)の設計で改造され、彼の死後の1762年に完成したもので、ポーリ宮殿の施設の一部として宮殿正面にある。中央に海神ポセイドン、左右に豊饒(ほうじょう)の女神ケレス(デメテル)、女神サルース(ヒュギエイア)を配した構図は、サルヴィのデザインである。後ろ向きにコインを泉へ投げ入れると願いが叶う、という言い伝えがある。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トレビの泉
とれびのいずみ
Fontana di Trevi

イタリアの首都ローマの中心部近くにある噴水。教皇クレメンス12世の命令でニコラ・サルビが設計し、1762年に完成した。噴水は、海神ネプチュンがトリトンに操られた海馬を駆って行く姿を描いている。噴水の背後にポーリ侯の宮殿がある。トレビとは「3本の道が集まるところ」という意味。後ろ向きで泉にコインを投げ入れるとローマにふたたび戻ってこられるという伝説で有名。[藤澤房俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トレビの泉の関連キーワードアニタ・エクバーグトリトン(神話)ローマ(都市)ローマの噴水泉(湧泉)イタリア甘い生活硬貨

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トレビの泉の関連情報