トレーサリー(英語表記)tracery

翻訳|tracery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレーサリー
tracery

建築用語。中世ヨーロッパ,特にゴシック建築の採光部にみられる幾何学模様装飾。石の板に模様を透かし彫にするプレート・トレーサリーと,直線あるいは曲線をなす石材を組合せて模様を構成するバー・トレーサリーの2種に大別され,次第に模様が複雑化していった。また広義にはイスラム建築などの採光部にみられる繊細な透かし彫の格子も含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

トレーサリー

〘名〙 (tracery) ゴシック建築で用いる頂部が尖頭(せんとう)アーチ形をした窓の上部にはめ込まれた石のふちどり。窓を幾何学的、あるいは花や葉などの形に仕切る。その間にステンド‐グラスがはめられる。また、後期ゴシック様式で、木製の壁面や仕切りに施された類似の彫刻飾装をいう。狭間飾(はざまかざり)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレーサリー【tracery】

ロマネスク,とくにゴシック建築において窓の上部やばら窓にとりつけた,装飾的に発達した仕切りの骨組み。狭間飾(はざまかざり)ともいう。一般に石製だが,木製,金属製のものもあり,この骨組みと骨組み,骨組みと窓枠との間には,ステンド・グラスをはめる。12世紀までは薄い板石をくり抜いたプレート・トレーサリーplate traceryを用いたが,イタリアではこれに棒状の骨組みを加えた,ばら窓を造った。しかし,棒状の石材だけで造った,複雑な模様の本格的なトレーサリーであるバー・トレーサリーbar traceryを最初に用いたのはフランスのランス大聖堂で,これがその後の発展の起点となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android