コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレーサリー トレーサリーtracery

翻訳|tracery

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレーサリー
tracery

建築用語。中世ヨーロッパ,特にゴシック建築の採光部にみられる幾何学模様装飾。石の板に模様を透かし彫にするプレート・トレーサリーと,直線あるいは曲線をなす石材を組合せて模様を構成するバー・トレーサリーの2種に大別され,次第に模様が複雑化していった。また広義にはイスラム建築などの採光部にみられる繊細な透かし彫の格子も含む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トレーサリー【tracery】

ロマネスク,とくにゴシック建築において窓の上部やばら窓にとりつけた,装飾的に発達した仕切りの骨組み。狭間飾(はざまかざり)ともいう。一般に石製だが,木製,金属製のものもあり,この骨組みと骨組み,骨組みと窓枠との間には,ステンド・グラスをはめる。12世紀までは薄い板石をくり抜いたプレート・トレーサリーplate traceryを用いたが,イタリアではこれに棒状の骨組みを加えた,ばら窓を造った。しかし,棒状の石材だけで造った,複雑な模様の本格的なトレーサリーであるバー・トレーサリーbar traceryを最初に用いたのはフランスランス大聖堂で,これがその後の発展の起点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トレーサリー【tracery】

西洋建築で、アーチ形の窓の上部にはめこむ装飾用の石の組子。窓を、幾何学的あるいは複雑な曲線模様に仕切り、その間にステンドグラスをはめる。ゴシック建築の特徴をなす。狭間はざま飾り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone