コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレーサリー トレーサリー tracery

翻訳|tracery

3件 の用語解説(トレーサリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレーサリー
トレーサリー
tracery

建築用語。中世ヨーロッパ,特にゴシック建築の採光部にみられる幾何学模様装飾。石の板に模様を透かし彫にするプレート・トレーサリーと,直線あるいは曲線をなす石材を組合せて模様を構成するバー・トレーサリーの2種に大別され,次第に模様が複雑化していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

トレーサリー【tracery】

ロマネスク,とくにゴシック建築において窓の上部やばら窓にとりつけた,装飾的に発達した仕切りの骨組み。狭間飾(はざまかざり)ともいう。一般に石製だが,木製,金属製のものもあり,この骨組みと骨組み,骨組みと窓枠との間には,ステンド・グラスをはめる。12世紀までは薄い板石をくり抜いたプレート・トレーサリーplate traceryを用いたが,イタリアではこれに棒状の骨組みを加えた,ばら窓を造った。しかし,棒状の石材だけで造った,複雑な模様の本格的なトレーサリーであるバー・トレーサリーbar traceryを最初に用いたのはフランスランス大聖堂で,これがその後の発展の起点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トレーサリー【tracery】

西洋建築で、アーチ形の窓の上部にはめこむ装飾用の石の組子。窓を、幾何学的あるいは複雑な曲線模様に仕切り、その間にステンドグラスをはめる。ゴシック建築の特徴をなす。狭間はざま飾り。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トレーサリーの関連キーワードゴシック建築ピアロマネスク建築ロマネスク美術ゴシック式ロマネスクロマネスク式ロマネスク様式ドイツ・ゴシック建築フランス・ゴシック建築

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone