コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロイの木馬 とろいのもくば

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トロイの木馬

OSやアプリケーションセキュリティ上の欠陥やバグを突き、一定期間潜伏してから発症するウイルス。善意または無害のプログラムを装ってターゲットのPCに忍び込み、特定のタイミングでPC内のデータを外部に送信したり、侵入のための裏口を開けたりするプログラムのこと。感染して広まるのではなく、ウイルス自体が有用なソフトウェアであることを装って配布されることが多く、入手したユーザーが起動すると感染を始めたり、システムソフトウェアに改変を加えたりする。ギリシャ神話トロイ戦争で、兵士の入った巨大な木馬を城に入れさせ、内側から城を攻撃したという逸話に似ている手口であることからこの名前がついた。トロイの木馬にはいくつか種類があり、キーボードタイピングチェックしてパスワードクレジットカード番号などを盗み取る「キーロガー」がもっとも有名。ほかに、ホストに忍び込ませたトロイの木馬が内側からセキュリティホールを開けて外部から不正な操作ができるようにする「バックドア」や、トロイの木馬を金融システム埋め込み、利息計算等で生じた小数点以下の端数のお金を自分の口座へ振り込ませるような「サラミ攻撃」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

トロイの木馬

マルウエアの一種。役に立つソフト、ヌード画像などを装って被害者のダウンロードや実行を促し、実行したコンピューターセキュリティー設定を変更したり、自ら外部からの通信を受け付けたりして各種の操作を実行可能にしてしまうなどの被害を与える。不正アクセスをする目的で利用され、コンピューターウイルスやスパイウエア、ボットといったさらに別のマルウエアを送り込まれ、さらに別の被害を生じるきっかけになることが多い。
システムの内側から通信用の「穴」をあける行為が、巨大な木馬の貢ぎ物の中に兵を潜ませ、敵都市の内部から門を破壊して戦争を終結させたギリシア神話の「トロイの木馬」に酷似していることから、その名がついた。単独の実行ファイルとして動作し、自らの存在を次々複製するような機能を持たない点で狭義のコンピューターウイルスと区別される。

(斎藤幾郎 ライター / 2009年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

トロイの木馬

便利なソフトやヌード画像などを装ったマルウエアで、ファイルを開くと悪人がネット経由で遠隔操作できるようになるものです。古代の「トロイの木馬」という故事が名前の由来です。
⇨コンピュータ・ウイルス、
マルウエア

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トロイ‐の‐もくば【トロイの木馬】

トロイア戦争で、ギリシャ軍トロイア軍を攻略するため、兵を巨大な木馬にひそませて侵入したという故事から》
正体を偽って潜入し、破壊工作を行う者のたとえ。
有益なソフトウエアに見せかけて、コンピューターのデータ消去・改竄(かいざん)・流出などの破壊活動を行うプログラム。→コンピューターウイルス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

トロイの木馬

トロイ戦争は一〇年間にわたって戦われた。ギリシャ軍はトロイを攻略するために大きな木馬を作り、その胴中に兵士たちを潜ませて、トロイ城内に送り込んだ。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

ホームページ制作用語集の解説

トロイの木馬

ファイル破壊などの被害を与えるタイプの不正なアプリケーションソフトウェア。二次感染や増殖することはない。

出典|(株)ネットプロホームページ制作用語集について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

トロイの木馬

英国の作家ハモンド・イネスの冒険小説(1940)。原題《The Trojan Horse》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

トロイのもくば【トロイの木馬】

有用または無害なソフトウェアと見せかけてコンピューターに侵入し、パスワードなどのデータを盗み出したり、外部から不正に操作できるようにしたりするプログラムの総称。一般にコンピューターウイルスの一種とみなされている。◇ギリシャ神話に登場する「トロイの木馬」に由来。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

トロイのもくば【トロイの木馬】

〔トロイ戦争でギリシャ軍がトロイ軍を欺あざむき攻略した故事から〕 外見とは異なる物が送り込まれ災いを招くたとえ。
コンピューターの不正プログラムの一様式。基本的には独立したプログラムで、ネットワークを介して侵入したターゲットに仕掛けられ、侵入者がネットワークを介して直接操作したり、あらかじめ設定された時刻や他のプログラムを誘因にして起動する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロイの木馬
とろいのもくば

一般的なアプリケーションやファイルを装いながら、ユーザーが意図しない別の動作を、表面上に現れない形で実行する潜伏型のプログラムの総称。呼称は、長年続いたトロイ戦争(トロヤ戦争)で、ギリシア軍が巨大な木馬に兵士を潜ませることでトロイ城内に入り込み、ついにトロイ軍を破ったという古代ギリシアの伝承からとったものである。
 ユーザーが一般的なプログラムだと思い実行したり、あるいは特定の時間になるなどをきっかけとして、隠れていた別のプログラムが起動し、レジストリー(OSなどの設定情報を一元管理するためのファイル)の書き換えなどの行為を、ユーザーの許可なく行う。自己増殖しないので厳密にはコンピュータ・ウイルスとは異なるものの、パソコンをソフトウェア的に破壊するなど悪意のある動作をするものがほとんどのため、ウイルスと同じように扱われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトロイの木馬の言及

【情報セキュリティ】より

…第157条-公正証書原本不実記載等,第158条-偽造公文書行使等,第161条-磁気的記録不正作出及び供用,第234条-電子計算機損壊等業務妨害,第246条-電子計算機使用詐欺,第258条-公文書等毀棄,第259条-私用文章等毀棄。
【ウイルス/ワーム/トロイの木馬】

[コンピューターウイルスcomputer virus]
 コンピューターウイルスは,他のプログラムに伝染し,増殖を繰り返すようなプログラムである。ここでの伝染とは,部分的でそれ自体では実行できないプログラムコードが,別のプログラム,あるいはプログラムが使用するデータに潜り込むことをいう。…

※「トロイの木馬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トロイの木馬の関連情報