コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドイツ国家人民党 ドイツこっかじんみんとうDeutschnationale Volkspartei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドイツ国家人民党
ドイツこっかじんみんとう
Deutschnationale Volkspartei

国粋人民党あるいは国権党とも訳されている。 1918年 11月に結成されたドイツの超反動的政党。保守党を中心に穏健な保守主義者,極右派,キリスト教社会主義者,反ユダヤ主義者,汎ゲルマン主義者,中央党や国民自由党からの脱党者といったさまざまな思想傾向を含んでいた。しかしまもなく,急進派と穏健派とに分裂。前者は共和制を完全に否定して現存国家秩序を打倒しようと考えたが,後者は原則的には共和制に反対であるが,偏狭な態度をとらず,現実に即して行動しようとした。連立政権に参加したのは後者のグループであった。しかし 28年に A.フーゲンベルクを指導者に戴くにいたって,反共和制的態度を明確にし,A.ヒトラーと連立政権をつくって共和制打倒に活躍した。 33年の授権法制定後は解党した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツ国家人民党
どいつこっかじんみんとう
Deutschnationale Volksparteiドイツ語

ワイマール共和国の右翼政党。1918年11月、帝政期のドイツ保守党、帝国党、反ユダヤ主義政党などが結集して創設した政党。農業界、官僚、プロテスタント系団体、都市中間層を基盤とした。共和国に対する原理的反対と帝制への復帰を目標として、共和国支持派や政府の外交政策などを攻撃して現状不満派を集め、24年には国会第一党になったこともある。28年フーゲンベルクが党首となると共和制の破壊を目ざす路線をとり、33年1月ヒトラー政権成立の際には連立与党として参加したが、6月に解散させられた。[木村靖二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドイツ国家人民党の関連キーワードワイマール共和国ヘルフェリヒティルピッツ国家人民党ゼークト

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドイツ国家人民党の関連情報