コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥラ・ユーロポス Dura Europos

世界大百科事典 第2版の解説

ドゥラ・ユーロポス【Dura Europos】

シリア東部,ユーフラテス川右岸にある古代都市遺跡。ギリシア語ではドゥラ・エウロポスDoura Eurōpos。前300年ころ,セレウコス1世によって建設された要塞都市で,ヘレニズム時代は軍事都市にすぎなかったが,パルティア人が同市を占領した前100年ころから東西交易の中継基地として発展し,とくにパルミュラの発展により大きな恩恵を受けた。紀元後165年ローマ軍の支配するところとなり,256年ササン朝によって略奪され,都市としての歴史を終わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドゥラ・ユーロポスの言及

【シナゴーグ】より

…ビザンティン時代になると外形よりも内部装飾に意を用い,壮麗なモザイク床で飾ったものが多い(ガリラヤ湖畔から発掘されたハマト・ティベリアス,ハマト・ガデル,ベート・アルファ,イェリコのシナゴーグなど)。ディアスポラの古代シナゴーグとしては,シリア東部のユーフラテス河畔から発掘されたドゥラ・ユーロポスのシナゴーグ(3世紀)が,旧約聖書の物語に取材した大規模なフレスコ画の装飾で有名である。また古代ローマには出土碑文によってその所在が確認されているものが11ある。…

【初期キリスト教美術】より

…死者を葬った石棺側面の浮彫群にも異教,ユダヤ教からキリスト教固有なものにという同様な経過が見られる(ローマ市,サンタ・マリア・アンティクアの石棺,245ころ)。ローマ市を中心とする多数の葬祭芸術の遺例が著しく象徴的であるのに対し,シリア奥地のドゥラ・ユーロポス遺跡から出土した個人の私宅を改造した集会所(240ころ)の洗礼室壁画は,洗礼の秘跡に関連した象徴性とともに,福音書の物語を率直に語る説話性を併せ備えている。このような説話的傾向は4世紀初頭に至って,絵画にも彫刻にもいっそう顕著となった。…

【パルティア美術】より

…狭義のパルティア美術はこの後期のものを指すが,その本質は〈グレコ・イラン的〉,〈グレコ・オリエンタル〉などと規定されている。パルティア美術は従来,ギリシア美術の堕落した形式とみなされていたが,シリアのドゥラ・ユーロポスパルミュラの発掘研究が進展した1930年以降は,別の価値観,イデオロギーに基づく独自の意義を持った美術として再評価されるに至った。 イラン系(後期)の美術は,ほぼ次のような特色を有する。…

【ロストフツェフ】より

…17年の十月革命には反対の立場をとり,翌年ロシアを去ってオックスフォードに移った。20年にはアメリカに渡り,ウィスコンシン大学教授,25‐44年にはイェール大学教授をつとめ,この間にユーフラテス河畔のドゥラ・ユーロポスの発掘を指導した。彼の古代史研究の特徴は,文献や碑文史料だけでなく考古学的資料をも有機的にとり入れ,きわめて生き生きとした古代史像を描き出していることにある。…

※「ドゥラ・ユーロポス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドゥラ・ユーロポスの関連キーワードミトリダテス[2世]ロストフツェフシノアズリーセレウコス朝アルテミスアポロン馬甲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android