コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウィンガー ドウィンガー Dwinger, Edwin Erich

3件 の用語解説(ドウィンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウィンガー
ドウィンガー
Dwinger, Edwin Erich

[生]1898.4.23. キール
[没]1981.12.17. フィッシャー
ドイツの作家。第1次世界大戦ロシア軍の捕虜となり,シベリアに送られた。脱走後反革命軍に参加。『白と赤のはざま』 Zwischen Weiss und Rot (1930) などでその体験を扱った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ドウィンガー【Edwin Erich Dwinger】

1898‐1981
ドイツの作家。軍人の子としてキールに生まれる。第1次大戦に少年志願兵として従軍しロシア軍の捕虜となるが,十月革命後の内戦に際して脱出し,白軍に加わる。1921年帰国して作家となる。《鉄条網のうしろの軍隊》(1929),《白と赤の間で》(1930),《われらドイツの名を呼ぶ》(1932)の三部作《ドイツの受難》をはじめ,反共的・国粋主義的な多くの作品を書いた。ナチス党員となり,第三帝国の文芸会員をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドウィンガー
どうぃんがー
Edwin Erich Dwinger
(1898―1981)

ドイツの作家。キールに生まれる。第一次世界大戦に従軍、1915年重傷を負ってロシア軍捕虜となり、シベリアに抑留されるが、脱走した。白軍(反革命軍)に加わり戦ったのち1921年に帰還。その体験を描く三部作『ドイツの受難』――『鉄条網の背後の軍隊』(副題『シベリア日記』1929)、『白と赤の間』(1930)、『われらドイツを呼ぶ』(1932)――によって、ナチスを代表する作家の1人とされる。[関 楠生]
『滝崎安之助訳『シベリア日記』(1940・弘文堂) ▽藤本直秀訳『白と赤の日記』(1940・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドウィンガーの関連キーワードウスペンスキー西ドイツフケーブレーデル統一ドイツドイツ放送連盟ゴールデン・キールドイツの小さな町リーリエンクローンレワルト・シュタール

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone