コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウィンガー Dwinger, Edwin Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウィンガー
Dwinger, Edwin Erich

[生]1898.4.23. キール
[没]1981.12.17. フィッシャー
ドイツの作家。第1次世界大戦でロシア軍の捕虜となり,シベリアに送られた。脱走後反革命軍に参加。『白と赤のはざま』 Zwischen Weiss und Rot (1930) などでその体験を扱った。その後ナチス的傾向を強め,第2次世界大戦中は従軍記者をつとめた。戦後,一時発表を禁じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドウィンガー【Edwin Erich Dwinger】

1898‐1981
ドイツの作家。軍人の子としてキールに生まれる。第1次大戦に少年志願兵として従軍しロシア軍の捕虜となるが,十月革命後の内戦に際して脱出し,白軍に加わる。1921年帰国して作家となる。《鉄条網のうしろの軍隊》(1929),《白と赤の間で》(1930),《われらドイツの名を呼ぶ》(1932)の三部作《ドイツの受難》をはじめ,反共的・国粋主義的な多くの作品を書いた。ナチス党員となり,第三帝国の文芸会員をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドウィンガー
どうぃんがー
Edwin Erich Dwinger
(1898―1981)

ドイツの作家。キールに生まれる。第一次世界大戦に従軍、1915年重傷を負ってロシア軍捕虜となり、シベリアに抑留されるが、脱走した。白軍(反革命軍)に加わり戦ったのち1921年に帰還。その体験を描く三部作『ドイツの受難』――『鉄条網の背後の軍隊』(副題『シベリア日記』1929)、『白と赤の間』(1930)、『われらドイツを呼ぶ』(1932)――によって、ナチスを代表する作家の1人とされる。[関 楠生]
『滝崎安之助訳『シベリア日記』(1940・弘文堂) ▽藤本直秀訳『白と赤の日記』(1940・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドウィンガーの関連キーワードドゥインガー滝崎安之助ナチス文学

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android